【年間ランキング】2008年のCDヒット総括

>> 2008年 年間ランキング

 オリコンは11日(木)、『第41回オリコン年間ランキング2008』(集計期間:07/12/24付〜08/12/15付)を発表。出荷ベースではなく実売で“最も売れた”シングル部門はが1位、2位を独占する19年ぶりの快挙を達成。ミュージックDVD部門は関ジャニ∞が3冠、アルバムはEXILEが3冠で、CDとミュージックDVDの総売上金額面と合わせて4冠となった。TOP10に目を移すとシングルでは羞恥心(5位)、青山テルマ(7位)ら新人アーティストの躍進が目立ち、アルバムはEXILE、安室奈美恵コブクロ宇多田ヒカルB’z浜崎あゆみDREAMS COME TRUEら大物がズラリと並ぶなかGReeeeNが10位につけた。

■嵐がシングル1、2位独占=19年ぶりの快挙 EXILEは年間総売上195.8億円で4冠

 嵐が1位「truth/風の向こうへ」(年間売上:61.8万枚/発売日:2008/8/20)、2位「One Love」(年間売上:52.4万枚/発売日:2008/6/25)を制覇。1999年11月以来、デビュー10年目で初めて年間シングル1位を獲得した。
 EXILEは昨年話題を呼んだナインティナイン岡村隆史とのユニット“オカザイル”からの勢いはとどまるところを知らず、CDとミュージックDVDと合わせた年間総売上金額は195.8億円で年間トップ。2001年の浜崎あゆみ以来、7年ぶりに150億円を突破した。

■今年話題になったアーティスト、ヒット作品

◆新人が大躍進
 年間シングル4位「キセキ」のGReeeeN、同5位「羞恥心」の羞恥心、同7位「そばにいるね」の青山テルマ feat.SoulJa、週間で1位を獲得したPerfumeキマグレンSuperfly、その他ではGIRL NEXT DOOR藤岡藤巻と大橋のぞみ、演歌・歌謡では年間シングル演歌・歌謡部門3位「海雪」のジェロ秋元順子鼠先輩などフレッシュなアーティストが台頭した。

◆ジャニーズ、男性ボーカル作品が人気
 ここ数年の男性優位の傾向はより色濃くなり、今年は年間シングルTOP30のうち、女性アーティストのみの作品は18位の安室奈美恵「60s 70s 80s(NEW LOOK/ROCK STEADY/WHAT A FEELING)」だけに。男性ボーカル作品が軒並み上位に入り、特にジャニーズ作品が15作と半数を占め、パッケージ販売における圧倒的な強さを見せつけた。

◆ヘキサゴン発のヒットが続々
 今年の音楽界を席巻したヘキサゴンファミリー。羞恥心の爆発的ブレイクを引き金にPaboアラジンなどフジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生したユニットがヒットを連発した。

◆キャリアアーティストが活躍
 新人や企画モノが台頭する一方、ベテラン勢の動きも忘れてはならない。年内での活動休止を発表したサザンオールスターズは「I AM YOUR SINGER」が堂々の年間シングル3位にランクイン。アルバムでは共にTOP10入りしたドリカム、竹内まりやをはじめ、10年半ぶりの週間首位を獲得した氷室京介や18年ぶり週間首位のマドンナ、『TIME CAPSULE』で31年ぶりの週間TOP10入りを果たした水谷豊などが話題を呼んだ。

◆邦楽カレントコンピが新たなムーブメントに
 『R35 Sweet J-Ballads』を筆頭にここ数年ヒットが続いていた80年代、90年代モノとは異なり、最新の邦楽ヒットを収録したカレントコンピが軒並みヒット。青山テルマ feat. Soulja「そばにいるね」を収録し、コンピ年間1位となった『アイのうた』、続編の『アイのうた2』、『恋のうた』などがヒットを記録した。


 GReeeeN羞恥心青山テルマPerfumeキマグレンSuperflyGIRL NEXT DOOR藤岡藤巻と大橋のぞみ鼠先輩安室奈美恵PaboDREAMS COME TRUE竹内まりや氷室京介マドンナ水谷豊ジェロ



関連写真

  • 2008年シングルセールス1位:嵐「truth/風の向こうへ」 
  • 2008年アルバムセールス1位:EXILE「EXILE LOVE」 
  • 羞恥心のデビュー曲「羞恥心」 

オリコントピックス