• ホーム
  • 音楽
  • 五木ひろしが「TSUNAMI」をカバー、「湘南」が「日本海」になる感じ

五木ひろしが「TSUNAMI」をカバー、「湘南」が「日本海」になる感じ

■その他の写真ニュースはこちら

 『第59回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、水谷豊大橋のぞみ羞恥心ら初出場が決まった歌手に話題が集中する中、『紅白〜』常連ともいえる五木ひろし、川中美幸、石川さゆりら演歌歌手の出場も決定した。そんな演歌歌手21組が人気J-POPをカバーしたコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』が12月3日に発売される。演歌歌手の歌唱力で、例えば五木ひろしの歌う「TSUNAMI」は、オリジナルの湘南のイメージが一瞬で日本海になると関係者の間でも評判を呼んでいる。

 12月3日に発売されるコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』は、「80’s〜90’s」の赤盤と70’sの青盤の2枚。赤盤には五木ひろしが歌うサザンオールスターズの「TSUNAMI」、前川清の歌うGLAYの「HOWEVER」など、青盤には、八代亜紀「いとしのエリー」、石川さゆり「ペッパー警部」などが収録される。

 参加アーティスト全21人中20人がNHK紅白歌合戦出場経験者で、出場回数平均は先日発表された2008年分までで、前川清にクールファイブとしての出場回数28回も含めると、18.2回にもおよぶ。まさにベテラン揃いのラインナップ。そんな歌唱力で聴くJ-POPのヒットナンバーは、楽曲そのものの魅力を再認識することができる。「NHK紅白歌合戦」をはじめ、年末年始には恒例の音楽番組の特番が目白押し。年をまたいでの息の長いセールス動向が注目される。

主な収録曲

『エンカのチカラ80’s〜90’s』
五木ひろし「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)
前川清「HOWEVER」(GLAY)
美空ひばり「−昴−すばる」(谷村新司)
ほか

『エンカのチカラ70’s』
八代亜紀「いとしのエリー」(サザンオールスターズ)
石川さゆり「ペッパー警部」(ピンクレディー)
新沼謙治「季節の中で」(松山千春)
ほか

◆詳細はこちらhttp://columbia.jp/prod-info/COCP-35288/



関連写真

  • 『エンカのチカラ SONG IS LIFE’70』 
  • 『エンカのチカラSONG IS LIFE’80〜’90』 

オリコントピックス