• ホーム
  • 音楽
  • NMB48矢倉楓子が卒業発表「会う機会はなくなってしまうかもしれない」

NMB48矢倉楓子が卒業発表「会う機会はなくなってしまうかもしれない」

 アイドルグループ・NMB48矢倉楓子(20)が、来年3月にグループから卒業することが11日、わかった。大阪城ホールで行われたライブ『NMB48 ARENA TOUR 2017』で発表した。10thシングル「らしくない」(14年11月発売)で白間美瑠(19)とWセンターを務め、13年春から2年間はAKB48チームAに兼任していた人気メンバーとあり、8000人の観客がどよめいた。

 ライブ終了間際、「私、矢倉楓子はNMB48を卒業します」と切り出した矢倉は「今こうしていられるのも、メンバーや応援してくださっているみなさんのおかげだと思っています。3月まではいると思うので、最後までNMB48のメンバーとして、グループを盛り上げていきたいと思っています。皆さん最後までよろしくお願いします」とあいさつした。

 2011年5月に2期生として加入し、6年半。総選挙は第4回から圏外→44位→41位→40位→33位と年々ランクアップしていたが、今年は不参加だった。「ふうちゃん、どうするんだろうと不思議に思っている方もたくさんいらっしゃったと思うんですけど、この場で発表させていただきました。悔いはないです。NMB48のことが大好きです」と語った。

 卒業後の進路は明言しなかったが、「会う機会はなくなってしまうかもしれない」と引退をほのめかし、「皆さんからいただいた愛をこれからの人生の糧として一生懸命歩んでいきたいなと思っています。同じ空の下、皆さんと一緒に頑張っていこうと思います」と話した。

 矢倉は先月24日に開催された『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会』で同期の村瀬紗英(20)と組んだユニット「ふぅさえ」で準優勝。12月13日にリリースされる優勝ユニット「fairy w!nk」(HKT48荒巻美咲&運上弘菜)のデビューCDのカップリング曲を歌うことが決まっている。

 なお、ライブ中には、NMB48の1年ぶりとなる17thシングルが12月27日にリリースされることも発表となった。



関連写真

  • 大阪城ホール公演で卒業発表したNMB48の矢倉楓子(C)NMB48
  • NMB48が大阪城ホール2days初日公演を開催(C)NMB48

オリコントピックス