• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、歌舞伎版『ワンピース』主題歌 新録「TETOTE」を再演でお披露目

ゆず、歌舞伎版『ワンピース』主題歌 新録「TETOTE」を再演でお披露目

 人気デュオ・ゆずの新曲「TETOTE」(発売未定)が、10月6日から東京・新橋演舞場で上演されるスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』の主題歌に決定した。

 同舞台は、歌舞伎俳優・市川猿之助が演劇界を代表する才能たちと新しい舞台空間を創造する「スーパー歌舞伎II」として2015年に初演。尾田栄一郎氏の大ヒット漫画『ONE PIECE』を原作に、主人公ルフィや海賊たちと海軍との間で頂上決戦が繰り広げられる「頂上戦争編」を舞台化した。早変わりや宙乗りなど新たな要素を取り入れた演出で口コミを広げ、これまでに約20万人を動員している。

 主題歌「TETOTE」は、猿之助からオファーされたゆずの北川悠仁が初演時に書き下ろしたもの。実際に稽古場へ足を運び、劇中の重要なシーンやエンディングで流れる様をイメージして制作し、女性歌手・RUANへ楽曲提供した。今回の再演では、ゆずが同曲をセルフカバーすることになり、10月6日の初日にお披露目される。

 猿之助は「北川悠仁さんとの友情から生まれた曲が、今回、ゆずによって新たな生命を吹き込まれました。スーパー歌舞伎II『ワンピース』にとって、まさに最後のワンピースがはまりました。満を持しての大航海。お二人の温かな気持ちに、感謝しています」とコメント。

 北川は「前回の公演では僕が主題歌を楽曲提供するという形でしたが、今回はゆずとして、僕ら自身がその曲を歌わせていただきます。あの感動を思い描きながら、心をこめて歌いました。ぜひ僕らが歌う『TETOTE』をお楽しみください」と呼びかけている。



オリコントピックス