• ホーム
  • 音楽
  • AKB木崎ゆりあ、ノースキャンダルで卒業に誇り 今後も「出ないのが一番」

AKB木崎ゆりあ、ノースキャンダルで卒業に誇り 今後も「出ないのが一番」

 AKB48木崎ゆりあ(21)が9月30日に秋葉原・AKB劇場にて開催された自身の卒業公演後、囲み取材に出席した。8年間のアイドル人生を終え晴れて“恋愛解禁”となるが「あんまり興味ないんですけど…」とあっけらかん。「ファンがノースキャンダルでアイドルを終えたことをすごく喜んでくれて、『ゆりあを応援してて良かった』とすごく言ってもらえて良かった」とこれまでの活動に胸を張り、「これから先もできれば(スキャンダルが)出ないのが一番なので、お手柔らかにしていただけたら」と報道陣に向けてお願いしていた。

【写真】その他の写真を見る


 木崎は2009年に13歳でSKE48三期生として加入後、2014年にAKB48に移籍。「自分が前に行きたい、選抜に入りたいという欲がアイドルをキラキラさせると思うんですが、こっちに来てからキャプテンや副キャプテンなど役職をいただくことが多かったので、みんなのことを見たり、スタッフさんがどういうことを考えてるのかな、と考えられるようになった。一人の人間としてAKBに来て成長させてもらった」と感謝を込めた。

 終始、「やり残したことはない」とサッパリとしていた木崎だが現在の心境について「寂しいという気持ちはあまりない。ファンが死ぬ気で応援してくれる顔や、メンバーとケンカしたとかを思い出して泣くことはあったけど、寂しいや続けたいという気持ちは全くなくて、潔く辞められた感じがします」と達成感をにじませ、「それだけ無我夢中で13歳から走ってきたからかな」と噛み締めていた。

 前日29日には古巣・名古屋のSKE劇場で卒業公演を開催。大箱での卒業コンサートは行わなかったが「さっぱりしている性格なので、コンサートを大きい箱でやって3回もお別れして号泣するって、そんなたくさん泣かなくていいっしょ?って。キャパがあるので、ファンには申し訳ないですけど私は劇場でいいという気持ち」と苦笑。「アイドルとしてお腹いっぱいだったので曲(卒業ソング)が欲しいともちょっと思いましたけど、それよりもこっから先に運をつかいたい」早くも気持ちは次の目標に向いている。

 今後は「AKBに来て外仕事で演技のお仕事をさせてもらったり、AKBのドラマにも全て出させていただいて『こんなに演技って楽しいんだ』と。これから先は死ぬまで演技をしてたい」と女優業への意欲がメラメラ。「主役しか演れないとかではなく、名脇役になりたい。動ける自信があるので来た仕事は断らず、ドンと来いなのでお仕事ください!」とちゃっかりアピールした。また所属事務所については「またどこかで発表できたら」とコメントしていた。



関連写真

  • AKB48を卒業公演した木崎ゆりあ (C)ORICON NewS inc.
  • AKB48を卒業公演した木崎ゆりあ (C)ORICON NewS inc.
  • AKB48を卒業公演した木崎ゆりあ (C)ORICON NewS inc.
  • AKB48を卒業公演した木崎ゆりあ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス