• ホーム
  • 音楽
  • 『ウルトラFES』オーディション枠のPOLU「どうか温かい目で」

『ウルトラFES』オーディション枠のPOLU「どうか温かい目で」

 18日正午からテレビ朝日系で10時間超にわたって生放送される『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』に、番組史上初のアマチュア・オーディション企画『Mステへの階段 ウルトラオーディション』を勝ち抜き、出演権を手に入れた徳島出身の4人組バンド・POLU。前日の17日、リハーサルに臨んだ13歳のボーカル・丸山純奈は、「鳥肌級」と絶賛された伸びのある歌声を披露した。

 「めっちゃ緊張しました! ここまでの大舞台は初めてなので、ほんまに緊張しました」という一方で、「聴いてくださる方々にいい印象を持ってもらえるよう、できるだけ多くの人に『POLU好きやな〜』と思ってもらえるような歌を歌えるように、ボーカルとして頑張りたいです」と、準備は万端。

 ギターの蜂蜜金柑熊五郎は、演奏前のトークが気がかりのようで、「本番では席の周りにいっぱい有名なアーティストさんがいるって考えたらもう…たぶん本番ではしゃべれないと思います(笑)」と、明日の本番に思いを巡らせた。「超新米バンドですけど、皆様どうか温かい目で見守っていてください。よろしくお願いします!」。

 メンバーの中で対照的だったのが、一番緊張していたというギターのバンと、オーディションと比べたら今日の方が落ち着いていたというドラムの柳本啓太。柳本はガチガチに緊張するバンを見て、最初は「そんなに緊張するか?」と思っていたそうですが、「結局は僕も緊張してしまいました(笑)」と、緊張を伝染させたバンにクレームを入れるひと幕も。

 柳本は「生放送、生演奏なので、ミスをせず正確にいい音を出すことがまずは目標。皆さんには、丸山純奈のボーカルを聴いてほしい。もちろん、僕らの演奏もちゃんと聴いてほしいし、タモリさんも音楽をよく知っていらっしゃるので、タモリさんにも聴いてほしいです」。

 あすの本番に向けてバンは「他の出られなくて悔しい涙を流した方々の思いも背負って、演奏をしたい。地方からでもいい音楽を鳴らせるということを、いいステージをして証明したい」と、2000組超が挑んだオーディションの覇者として、表情を引き締めていた。



オリコントピックス