• ホーム
  • 芸能
  • 岡崎体育、文化人路線に色気?「コラムだけで飯食っていきたい」

岡崎体育、文化人路線に色気?「コラムだけで飯食っていきたい」

 シンガーソングライター・岡崎体育が、『平成29年度 第20回 文化庁メディア芸術祭』の「エンターテインメント部門 新人賞」を受賞。きょう15日より東京オペラシティを中心に開催される受賞作品展では、ミュージックビデオ(以下、MV)“あるある”をそのまま曲にした「MUSIC VIDEO」が上映展示される。

 28日まで開催される同展には、「エンターテインメント部門 大賞」の映画『シン・ゴジラ』、「アニメーション部門 大賞」の映画『君の名は。』の資料なども展示。名作たちと並んだ岡崎は「当然ですよ」と強がってみせたが「本当にこんな僕がこんな素晴らしい賞を穫れるなんて…」と恐縮しきり。「これからも真新しい作品を世の中に出していきたい」と笑顔で意気込んでいた。

 今作をきっかけに知名度も制作費も“爆上げ”になったようだ。MV制作担当の寿司くんが「これを機に文化人になれたらいいね」と想像を膨らませると、岡崎も「コラムだけで飯食っていきたい」とニヤリ。「国が認めたということですから。これからは国家アーティストとして活動していきますよ」と胸を張っていた。



関連写真

  • 岡崎体育(右)とMV制作担当の寿司くん (C)ORICON NewS inc.
  • 選出の決め手となった「MUSIC VIDEO」を上映展示 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス