• ホーム
  • 映画
  • 世界遺産・平等院でスター・ウォーズ狂言奉納 ジョンソン監督「ワンダフル」

世界遺産・平等院でスター・ウォーズ狂言奉納 ジョンソン監督「ワンダフル」

 人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)の成功祈願イベントが京都府宇治市にある世界遺産「平等院」で12日、執り行われ、ライアン・ジョンソン監督や山田啓二京都府知事らが出席した。大蔵流狂言師・茂山千三郎による「スター・ウォーズ狂言」の奉納も行われ、ジョンソン監督は「特別な日となりました。(日本語で)どうもありがとうございます」と、日本の文化に触れて感激しきりだった。

【写真】その他の写真を見る


 この日は、朝から雷鳴とどろく悪天候だったが、ジョンソン監督は笑顔で平等院に現れた。舞台上には、武人画師のこうじょう雅之氏によるR2-D2、C-3PO、カイロ・レンが描かれた二曲一双の武人画屏風が設置され、その前で大蔵流狂言師3人(茂山千三郎、茂山童司、鈴木実)によりスター・ウォーズ狂言がお披露目された。

 「スター・ウォーズ」映画シリーズ全作に登場するR2-D2、C-3POは、ジョージ・ルーカス監督が、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』に登場する狂言回しの百姓コンビ・太平と又七を参考にして生まれたキャラクターとして伝わっているが、その太平と又七は多くの狂言に登場する太郎冠者と次郎冠者をもとに作られたと言われる。こうした縁もあって、今回、狂言の古典「文荷(ふみにない)」を、太郎冠者=C-3PO(千三郎)、次郎冠者=R2-D2(童司)、主人=カイロ・レン(鈴木)をイメージした面をつけて演じる。声もボイスチェンジャーを使ってスター・ウォーズのキャラクター風にするチャレンジングな試みだった。

 上演中、ジョンソン監督は舞台に釘付けで、終演後には「ワンダフル! 狂言師の方々の姿勢、体の動きを見ていて、『スター・ウォーズ』との共通点を感じました。C-3POをはじめスーツやマスクをつけて演技するキャラクターが多く登場しますが、彼らもまた姿勢やボディランゲージが重要なのです。日本の文化と『スター・ウォーズ』とのつながりを改めて深く感じました」と、興奮気味に話していた。千三郎は「(悪天候による数々の変更により)初めてボイスチェンジャーを使ったのですが、せりふは古典のまま。ぶっつけ本番でした」と打ち明け、ほっとした表情を見せていた。

 雨の中、平等院鳳凰堂をバックにフォトセッションも強行。ジョンソン監督は傘をライトセーバーがわりにして、カイロ・レンと剣を交えるポーズをとるなど、終始ご機嫌。「自分自身、子どもの頃に好きになった『スター・ウォーズ』は、黒沢監督の作品や日本の映画、日本の文化に興味を持つ入り口となりました。日本の伝統文化をいろいろな形で見せていただき特別な日となりました」と堪能していた。



関連写真

  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベントに出席したライアン・ジョンソン監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 山田啓二京都府知事も出席(C)ORICON NewS inc.
  • 大蔵流狂言師茂山千三郎(左端)がスターウォーズ狂言を奉納 (C)ORICON NewS inc.
  • 武人画師のこじょう雅之氏による『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』武人画屏風 (C)ORICON NewS inc.
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベントで奉納された大蔵流狂言師によるスターウォーズ狂言 (C)ORICON NewS inc.
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベントで奉納された大蔵流狂言師によるスターウォーズ狂言 (C)ORICON NewS inc.
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベントで奉納された大蔵流狂言師によるスターウォーズ狂言を真剣なまなざしで見ていたライアン・ジョンソン監督。右は武人画師のこうじょう雅之氏(C)ORICON NewS inc.
  • 武人画師のこじょう雅之氏による『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』武人画屏風
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベント
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベント
  • 世界遺産・平等院で行われた映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』成功祈願イベント

オリコントピックス