• ホーム
  • 芸能
  • 黒木啓司『HiGH&LOW』役作りで“三種の神器”自ら購入

黒木啓司『HiGH&LOW』役作りで“三種の神器”自ら購入

 EXILE、EXILE THE SECOND黒木啓司が25日、東京・池袋にあるアニメイト池袋本店で行われた公開中の映画『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』の「公開記念スペシャルトークイベントinアニメイト」に参加。役に外見から入るため手錠、メガネ、つえを持参したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 劇中で「White Rascals」というチームのリーダー・ROCKY役を演じた黒木。「このキャラクターはHIROさんが白のイメージぐらいしかテーマを与えられなかった。それを自分の中で、どう広げていったらいいんだろうって思った」と振り返った。個性豊かなキャラがそろっており、それに勝つために思案を重ねた結果、禍々しい雰囲気の外見に仕上がった。

 仕上げは自ら購入した“三種の神器”だという。シリーズの脚本家を務める平沼紀久は黒木が手錠、メガネ、つえを持参してきたことを明かし、黒木は「メガネも原宿で1200円ぐらい。何個か買って試して、これがいいなって思った」と回顧。続けて「僕の中でいろんな映画をオマージュして作り上げた。全部を入れ込んだのが『White Rascals』なのかな」と役作りを明かした

 また“聖地”とあって、アニメと漫画の話題に。黒木は「ドラゴンボールには勝てない。ワンピースもあるんですけど、やっぱりドラゴンボールですかね」ときっぱり。ドラゴンボール世代である「(来年1月で)38歳の年なんでね」と説明すると、山田裕貴は「そうなんですか」と驚いた表情に。「めっちゃ若いと思ってた。32歳とか」と山田が発言すると黒木は「38歳がコレやってるから、どうかしてる。まだケンカすんのかな」と苦笑いだった。

 『HiGH&LOW』はドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ドームツアーなど多種多様なエンターテインメントを巻き込み、展開するプロジェクト。イベントには稲葉友鈴木貴之一ノ瀬ワタルも参加。最後はハイタッチで参加者をお見送りするサプライズで盛り上げた。



関連写真

  • 役作りで“三種の神器”を自ら購入したことを明かした黒木啓司 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)一ノ瀬ワタル、鈴木貴之、山田裕貴、黒木啓司、稲葉友、平沼紀久 (C)ORICON NewS inc.
  • イベントの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』の「公開記念スペシャルトークイベントinアニメイト」に参加した山田裕貴 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』の「公開記念スペシャルトークイベントinアニメイト」に参加した稲葉友 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』の「公開記念スペシャルトークイベントinアニメイト」に参加した鈴木貴之 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY』の「公開記念スペシャルトークイベントinアニメイト」に参加した一ノ瀬ワタル (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス