• ホーム
  • 映画
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告にドクター・ストレンジ登場

『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告にドクター・ストレンジ登場

 「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開※全米と同時公開)の日本版の本予告映像で、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの出演シーンが世界初解禁された。

 アベンジャーズ最強コンビのソー(クリス・ヘムズワース)とハルク(マーク・ラファロ)がアベンジャーズのような“新チーム”を結成。裏切り王子のロキ(トム・ヒドルストン)、新キャラ・戦闘力MAXの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)も加わり、力をあわせて復讐に燃える最強の敵・死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)との極限バトルに挑む。

 本予告では、ドクター・ストレンジが冒頭から登場。ストレンジは、ソーに「君に大きな試練が」と未来を予言し、ソーは「俺が運命を変えてやる」と力強く答える、なんとも意味深なシーンとなっている。予告編でドクター・ストレンジの登場シーンがみられるのは日本版のみ! カンバーバッチは、今回の本作への出演について、もともとロキ役のヒドルストンとは同郷のため大の仲良しだったことから、撮影も非常に楽しんでいたという。

 さらに、史上最強の死の女神・ヘラにムジョルニア(ハンマー)を破壊され絶体絶命となったソーが、ヘラから世界を守るため、アベンジャーズのメンバーとして共に戦った盟友のハルクとまるでアベンジャーズみたいな”新チーム“を結成するシーンも見ることができる。終盤には、ヘラ対4人が対峙するシーンがおさめられている。

 ソーとロキが協力して戦うシーンも大放出。「アベンジャーズ」シリーズのファンは、ラストシーンのソーとハルクの会話も見逃せない。“饒舌な”ハルクは、米サンディエゴで開催されたコミコン以来、話題になっているものだ。そして、ソーの雷神パワーが炸裂する映像もあり、盛りだくさんな内容で本編への期待を高めている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス