• ホーム
  • 芸能
  • 『妖怪人間ベム』50周年の節目にギャグアニメ化 キャストは杉田智和、倉科カナ、須賀健太

『妖怪人間ベム』50周年の節目にギャグアニメ化 キャストは杉田智和、倉科カナ、須賀健太

 1968年にテレビに初登場して以来、度重なる再放送によって多くの世代の子どもたちに「早く人間になりたい」という強烈なメッセージを植えつけた、日本怪奇アニメの金字塔『妖怪人間ベム』の50周年プロジェクトが始動。第1弾として、10月より、TOKYO MXほかで1968年版、2006年版アニメに加え、新作のショートアニメ『俺たちゃ妖怪人間』が放送されることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 人間になりたいと願い、人間を助けるために悪人や怨霊と戦う一方で、人間の心の弱さや醜さも表現し続けてきた『妖怪人間ベム』。時代に合わせてリメイクされながも人間とはどういう存在か?という普遍的なテーマを持ち続けてきた。テレビ初登場から50周年の節目に、新作を製作することで改めて光を当てる。

 新作のアニメーション制作は、『鷹の爪』シリーズや『貝社員』などを手掛けるDLEが担当。人間の欲望とエゴが渦巻く歌舞伎町そっくりな「歌魔羅町」を舞台に、ベム、ベラ、ベロが人間を目指して日々をどう生き抜いていくのか。お世辞にも上品とは言えないポップなネタ満載、社会風刺もたっぷりのギャグアニメで、現代の人間という存在を丸裸にするようなエンターテイメントを発信していく。

 『俺たちゃ妖怪人間』に登場するベムは、バカ真面目でむっつりスケベ。すぐ人間を信じてすぐ騙されるキャラクターに。声は『銀魂』坂田銀時役などで活躍する杉田智和。「早く人間になりたい。シンプルで深い言葉に心動かされます」と、一言。

 同じくベラは、人間嫌いのドエロ姐さんに。キャストに起用された女優の倉科カナは「鷹の爪団さんのファンだったのでお話が来て本当にうれしく、しかも、アニメ『銀魂』も全部拝見していて、杉田さんとお仕事をできるのが本当にうれしかったです。素晴らしいキャスト、素敵なスタッフさんにご迷惑を掛けないように誠実に取り組みたいと思います」と、コメントを寄せた。

 ベロは、お調子者の金欲小僧。無邪気が過ぎていつも人に迷惑をかけるキャラに。声は俳優の須賀健太が演じる。「妖怪人間ベム50周年という記念すべきタイミングでまさかベロを演じさせて頂けるとは…感無量でございます。しかし、アフレコに参加し、世の悪と戦う正義の存在!という僕の妖怪人間へのイメージは今回の作品で崩壊致しました(笑)。どう崩壊したかは…ぜひ放送をお楽しみに。ベロ、振り切っております!」と、意気込みを語っている。

■ 50周年プロジェクトホームページ
http://youkainingen-bem.com



関連写真

  • 新作ショートアニメ『俺たちゃ妖怪人間』TOKYO MXほかで10月スタート(C)ADK/DLE
  • アニメ『妖怪人間ベム』TOKYO MXほかで10月より再放送(C)ADK
  • 妖怪人間ベム50周年プロジェクト始動
  • アニメ『妖怪人間ベム』TOKYO MXほかで10月スタート。ベム(CV:杉田智和)、ベラ(CV:倉科カナ)、ベロ(CV:須賀健太)(C)ADK
  • アニメ『妖怪人間ベム』TOKYO MXほかで10月より再放送(C)ADK

オリコントピックス