• ホーム
  • 音楽
  • ET-KINGいときん、肺腺がんで治療に専念 ステージ4で脳にも転移

ET-KINGいときん、肺腺がんで治療に専念 ステージ4で脳にも転移

 ET-KINGのリーダーいときん(38)が肺腺がんのため、治療に専念することが3日、わかった。グループの公式サイトで発表された。

 いときんは今年6月、毎年定期的に受けている健康診断で肺腺がんが見つかり、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが判明。いときん本人のコメントも掲載され「リンパ節、そして脳にも転移しております」と公表した。

 本人とスタッフが話し合いを重ねた結果、しばらくの間は治療に専念。いときん個人の年内のライブ活動を休止する。ET-KING、OSAKA ROOTSの活動は継続する。

 本人のコメントは以下のとおり。

7月26日から、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院しております。

そしてもう1つ、治療をしなければならない病気にかかっております。病名は肺腺がんです。

6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、そして脳にも転移しております。

これから生命力を尽くし、家族、仲間と共に病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております。

ET-KINGいときんとしてのライブ活動はしばらく休ませて下さい。

ライブ関係者各位、イベンターのみなさまには、年内のライブにつきまして大変ご迷惑をおかけすることになりますが、事務所メンバー含め精一杯の対応をして参りますので、どうかよろしくお願い致します。

ET-KINGのリーダー、いち大阪のブルースマン、そしてHIP HOPのトラックメイカーとして、

自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。

生きたい!!

ET-KING 、OSAKA ROOTS

いときん



オリコントピックス