• ホーム
  • 音楽
  • 三浦祐太朗、葛藤振り払った母・百恵さんの言葉「息子の声で聴けるのはうれしい」

三浦祐太朗、葛藤振り払った母・百恵さんの言葉「息子の声で聴けるのはうれしい」

 シンガー・ソングライターの三浦祐太朗が4日、東京・銀座の山野楽器本店で、母で元歌手・山口百恵さんのヒット曲をカバーしたアルバム『I’m HOME』(5日発売)のリリース記念イベントを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 予約購入者の中から先着100人を前に、「秋桜」「いい日旅立ち」「さよならの向う側」の3曲を熱唱。かつて百恵さんもイベントを行った音楽イベントの聖地とあり、「母も歌ったことのある場所で、親子二代で歌えてうれしいです」と喜ぶと、母親譲りの歌声や面影に涙ぐむファンの姿も多数見られた。

 人気絶頂の21歳で芸能界を引退した伝説の歌手でもある母のヒット曲をカバーすることに対しては大きなプレッシャーがあったというが、「いろんな葛藤がある中、母に相談したら喜んでくれて、『私が生きているうちに息子の声で聴けるのはうれしいことだよ』と言ってくれました」と背中を押された秘話も。百恵さんと父で俳優の三浦友和にはパッケージになる前に音源を送ったといい、「すごく喜んでくれて、2人とも曲順や曲間もいいねと言ってくれました」とやりとりを明かした。

 カバーするにあたっては「照れるぐらい母の映像を見ました。僕より若い10代の母を画面でずっと見るのは変な気持ちで、本当に唯一無二の存在だったんだなと思います。アイドルは笑うのに母は笑わないので、友人にも当時笑っていないよねと言われました」と歌い方や表情の研究も重ねた。百恵さんからは「鼻濁音に気を付けて歌うように」とアドバイスをもらったという。

 アーティスト活動10周年。「ようやくCDが皆さんの手元に届くと思うと、うれしく幸せな気持ち」という自信作を引っさげ、「いろんなところにライブしていきたい。見守っていただけるとうれしいです」と意欲を燃やした。



関連写真

  • 母・山口百恵さんの名曲を熱唱する三浦祐太朗
  • トークではアルバム制作秘話も
  • 母・山口百恵さんの名曲を熱唱する三浦祐太朗
  • 母・山口百恵さんの名曲を熱唱する三浦祐太朗
  • 母・山口百恵さんの名曲を熱唱する三浦祐太朗
  • 三浦祐太朗 山口百恵カバーアルバム『I’m HOME』(7月5日発売)

オリコントピックス