• ホーム
  • 芸能
  • 海賊が「美女と野獣」に勝った 『パイレーツ・オブ・カリビアン』初登場1位

海賊が「美女と野獣」に勝った 『パイレーツ・オブ・カリビアン』初登場1位

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日に全国で公開され、土日2日間で77万1516人を動員、興行収入10億4827万1900円をあげたことが3日、わかった。映画動員ランキング(興行通信社調べ)でも2位『忍びの国』、3位『兄に愛されすぎて困ってます』を大きく引き離し、堂々の初登場1位を飾った。

 ディズニー社によると、オープニング成績としては現在120億円を突破して大ヒット中の『美女と野獣』を超える好成績。さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の動員も上回っており、この夏の話題をさらいそうだ。

 同映画は、<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>をめぐり、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の過去を知る“海の死神”サラザール、天文学者カリーナ、父親を永遠の呪いから救い出そうとジャックに近づき、新たな相棒となる青年ヘンリーらが、壮大な冒険を繰り広げるスペクタクル・アクション・エンターテインメント。

■初週土日2日間の興行収入比較
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017年7月1日公開)
77万1516人/10億4827万1900円
『美女と野獣』(2017年4月22日)
72万9114人/10億6536万2800円
『パイレーツ〜/デッドマンズ・チェスト』(2006年7月22日)
74万666人/9億9288万3500円
『パイレーツ〜/呪われた海賊たち』(2003年8月2日)
38万6281人5億4595万350円



オリコントピックス