• ホーム
  • 芸能
  • AKIRA、映画『たたら侍』最短3週間で上映終了に「びっくりしました」

AKIRA、映画『たたら侍』最短3週間で上映終了に「びっくりしました」

 EXILEのAKIRA(35)が6日、都内でメモリアルブック『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』発売記念イベントを開催。自身が出演する映画『たたら侍』(公開中)が、俳優・橋爪功(75)の息子の俳優・橋爪遼容疑者(30)が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことを受け、最短で今月9日をもって上映を終了することについて「びっくりしましたね」と率直な思いを打ち明けた。

【写真】その他の写真を見る


 遼容疑者は同映画に鍛冶大工の手子(てこ)、熊吉役で出演。今回の逮捕を受けきのう5日に公式サイトで「映画『たたら侍』の出演者に関する一連の報道を受けまして、『たたら侍』製作委員会において協議を行いました結果、やむを得ず、最短で6月9日をもって上映を終了することとなりました」と報告されていた。

 遼容疑者との劇中での共演については「僕はないです」とコメント。先月20日に公開が始まったことから、最短でわずか3週間の上映期間となることに驚きを隠せない様子だったが「びっくりしましたが、自分としてはもっともっとステキな作品を作っていけるように、自分たちの映画を作っていきたいなとの思いはあります」と言葉に力を込めていた。

 同書には、2006年6月6日にEXILE第2章のメンバーとして加入したAKIRAの10年間の軌跡を凝縮。EXILE人生の原点である米・ロサンゼルスでの撮り下ろし企画や、貴重なオフショットを織り交ぜて振り返るメモリアル企画、ロングインタビューなどが収録されている。



関連写真

  • 映画『たたら侍』の上映終了に心境を語ったEXILE AKIRA (C)ORICON NewS inc.
  • EXILE AKIRA (C)ORICON NewS inc.
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より
  • 『THE MAN OF EXILE AKIRA 2006-2016』より

オリコントピックス