• ホーム
  • 音楽
  • はなわ、音信不通だった義父と初対面 新曲「お義父さん」がきっかけ

はなわ、音信不通だった義父と初対面 新曲「お義父さん」がきっかけ

 お笑いタレント・はなわ(40)が28日、都内で13年ぶりとなるシングル「お義父さん」(24日発売)のリリース記念イベントを開いた。イベント終了後の囲み取材では妻・智子さんが2歳のときから音信不通だった義父と同曲がきっかけで初対面したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 昨年3月の智子さんの誕生日にサプライズプレゼントした「お義父さん」は、義理の父に宛てたメッセージソング。今年3月にYouTubeで公開した直後から「泣ける!」と大きな話題になり、「伝説の男〜ビバ・ガッツ〜」以来、13年ぶりのシングルとして発売されることとなった。

 最後に「孫を見に来ませんか」と呼びかけるのが印象的な曲とあって、囲み取材では実際に会えたのかという質問が飛んだ。はなわは「実は(サプライズの)1週間前に親戚から『お父さんが末期がんで、智子に会いたがっている』と連絡が来た。うちの嫁も悩んだけど(はなわに)迷惑がかかるからと、お断りしたんです。そして、その1週間後に何にも知らない僕から『お義父さん』を歌われた。『会いに行けってことなのかな』と言って、会いに行きました」とドラマのような出来事があったことを明かした。

 はなわにとって初、智子さんにとって2歳以来となる対面は昨年5月、義父の住む福岡だったという。「お義父さんが『迷惑かけたね』と言うと、うちの嫁も『うん』と泣くわけですよ。その2人を見てたら感動してきちゃって、僕も泣いちゃったんです。僕が1番泣いちゃって、お義父さんから『はなわさん、大丈夫ですか』と心配された」と苦笑いで振り返った。

 はなわの3人の子どもは柔道で活躍中。それも義父はテレビなどを通じて知っていた。孫の晴れの場を生で見たいという思いもあり、昨年7月に家族で大会に出向いたという。「お義母さん、孫たちとかもいる。そこで再会できた。この曲のおかげ。不思議な力がある歌だな」としみじみ語った。義父は末期がんだが、存命という。

 狙うはNHK紅白歌合戦の出場だ。2003年にお笑いコンビ・テツandトモと合同で出場したが、ソロでの出場はまだない。はなわは「最大の目標は、そこ。そこで歌いたいですね」と力を込めた。

 また、YouTubeに動画をアップするのは陣内智則の助言だったという。そんな陣内はフジテレビ・松村未央アナウンサー(30)と来月30日に結婚予定。陣内は元妻で女優・藤原紀香(45)との結婚披露宴で披露したピアノ演奏したことでも有名だが、はなわは「この曲、結婚式でも行けるんですよ。今回は大丈夫だと思うので、ピアノでやったりしていただければ」と結婚式での使用を呼びかけていた。

 昨年3月の智子さんの誕生日にサプライズでプレゼントした同曲は、智子さんが生まれた直後に家を出てしまったきり音信不通になった義理の父に宛てたメッセージソング。貧乏を乗り越えて成長し、母になった娘のこれまでの人生をつづり、最後には「孫を見に来ませんか 酒を飲み語りましょう」と呼びかける。

 自身のワンマンライブで披露した映像を3月に公開したところ、「感動した!」「心にしみて泣ける!」と、あっという間に話題に。お笑い芸人の水道橋博士や陣内、東貴博、タレントの菊地亜美などがツイッターで感動の涙を流したことを報告。この反響を受け、動画を見たビクターエンタテインメントの担当者が深く感動し、はなわの事務所に熱い気持ちを伝えたことでCDリリースが急きょ決定した。この日は500人の前で「お義父さん」「佐賀県」など3曲を披露し、会場を盛り上げた。



関連写真

  • 話題の新曲「お義父さん」発売記念イベントを開催したはなわ (C)ORICON NewS inc.
  • 紅白出場への意気込みも語った (C)ORICON NewS inc.
  • 13年ぶりのシングル「お義父さん」(5月24日発売)を熱唱するはなわ (C)ORICON NewS inc.
  • 話題の新曲「お義父さん」発売記念イベントを開催したはなわ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス