• ホーム
  • 音楽
  • 渡辺美奈代、長男・矢島愛弥の作詞で21年ぶり新曲 7・19にミニアルバム『HAPPY STORY』

渡辺美奈代、長男・矢島愛弥の作詞で21年ぶり新曲 7・19にミニアルバム『HAPPY STORY』

 昨年、デビュー30周年記念コンサート『Forever IDOL 374』を開催し、今年31年目を迎える元おニャン子クラブのメンバーで歌手、タレントの渡辺美奈代(47)が7月19日にミニアルバム『HAPPY STORY』を発売する。今作には、長男でダンスヴォーカルアーティストとして活動する矢島愛弥(やじま・まなや)が作詞した21年ぶりの新曲を含む全5曲が収められている。

【写真】その他の写真を見る


 デビュー30周年で“記念”のものを何かつくろうと話が持ち上がり、制作することになったミニアルバムには、矢島が作詞した新曲「Merry GO! Land」「オレンジの季節」「ため息のメロディー」に加え、デビュー当時に発売したアルバムの中からの人気曲「You're my dream」「リルケの栞 2017ver.」(セルフカバー)を収録。

 長男・矢島が作詞するにあたり渡辺は「私の過去の映像を何度も見返していた」と明かし、中でも「Merry GO! Land」については「恋愛のことを書きながら、(私の)30年間を振り返る歌」と紹介。「曲も昔の80年代に寄せている」といい、レコーディグの際には矢島も立ち会い「歌い方は10代に戻って歌ってもらいたい、オトナっぽくせずに、80年代を残してもらいたい」との注文があったことも告白した。

 そんな息子との“共同作業”に「こんなに早く実現するとは思わなかった」と喜び「楽しかったですね。いつもとは違う彼を見られたし、歌い方も注意するので」とにっこり。新曲はすべてラブソングで80年代風の作詞・曲調となっており「みんなで盛り上がれる曲、30年間、31年目、支えてくれたファンの人たちも楽しめる曲になっています」とアピールしている。

 なお、ミニアルバムには全撮り下ろし22ページブックレット付き。1997年に発売した写真集『EGOIST』以来という、20年ぶりのビキニなどの“貴重写真”も収められている。

 また、7月15日に茨城県・イオンタウン守谷で、19日には東京スカイツリータウン・東京ソラマチでCD発売記念ミニライブイベント&特典会を開催する。



関連写真

  • ミニアルバム『HAPPY STORY』を発売する渡辺美奈代
  • ミニアルバム『HAPPY STORY』を発売する渡辺美奈代
  • ミニアルバム『HAPPY STORY』を発売する渡辺美奈代

オリコントピックス