• ホーム
  • 芸能
  • 中村獅童、初期の肺腺がんで手術へ 6〜7月は入院のため休演【コメント全文】

中村獅童、初期の肺腺がんで手術へ 6〜7月は入院のため休演【コメント全文】

 歌舞伎俳優の中村獅童(44)が18日、初期の肺腺がんであることを直筆の書面で発表した。「奇跡的と言われるほどの早期発見」で、担当医によると、「この状況ですぐ手術すれば完治する」とのこと。入院のため6〜7月に出演予定だった舞台は休演する。

【写真】その他の写真を見る


 獅童は「毎年、定期的に受けている人間ドックの中で初期の肺腺癌であることが分かりました」と説明。「病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、より一層精進いたし、また皆様にお目にかかりたいと思っております」とつづった。

 獅童が出演予定だった公演の代役も、合わせて発表された。6月の『六月博多座大歌舞伎』の昼の部『菅原伝授手習鑑 車引』松王丸は中村橋之助改め中村芝翫、夜の部『信州川中島合戦 輝虎配膳』の直江山城守は中村鴈治郎、『幸助餅』の雷五良吉は中村亀鶴が務める。

 直筆コメント全文は以下の通り

この度は私事によりいつも応援してくださる皆様に多大なる御心配をお掛け致しますこと心よりお詫び申し上げます。

毎年、定期的に受けている人間ドックの中で初期の肺腺癌であることが分かりました。

今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした。

入院までは、お受けした仕事を精一杯つとめますが、やむを得ず六月博多座大歌舞伎及び歌舞伎座七月大歌舞伎を休演することを断腸の思いで決断いたしました。

本当に申し訳ございません。

病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、より一層精進いたし、また皆様にお目にかかりたいと思っております。

そのために、今しばらくお時間をください。

どうか宜しくお願い申し上げます。

平成29年5月18日

中村獅童



関連写真

  • 初期の肺腺がんであることを発表した中村獅童 (C)ORICON NewS inc.
  • 中村獅童の直筆FAX (C)ORICON NewS inc.
  • 中村獅童の直筆FAX (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス