• ホーム
  • 芸能
  • ジョン・ウー監督、福山雅治主演作に「自信あります」 全編日本でロケ

ジョン・ウー監督、福山雅治主演作に「自信あります」 全編日本でロケ

 映画『フェイス/オフ』『レッドクリフ』などで知られる世界的名匠ジョン・ウー監督が26日、都内で行われた『2017-2018 ギャガ株式会社ラインナップ発表会』に出席。歌手で俳優の福山雅治が主演を務める香港・中国合作映画『追捕 MANHUNT(原題)』(2018年公開)について「自信はあります」と手応えをにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、西村寿行氏の原作小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店)を再映画化。1976年には、高倉健さん主演で映画化(「ふんぬ」を「ふんど」と読み換え)されており、中国では『追捕』というタイトルで公開されブームを巻き起こした。

 製作費4000万ドルが投じられ、福山と中国の俳優チャン・ハンユーがW主演。無実の罪を負わされた国際弁護士(ハンユー)と彼を追っていた敏腕警部(福山)が、やがて製薬会社の闇に立ち向かう様子を描く。大阪を中心に全編日本でロケが行われ、この日は迫力ある映像の一部が初公開された。

 ウー監督は「昔から日本映画が大好きで、三船敏郎さん、高倉健さんは自分にとってアイドルのような存在だった」と明かし、再映画化のオファーを引き受けた経緯について「高倉さんにはお会いしたときに一緒にお仕事したいと話していたけれど、残念ながらかなわなかった。何とか彼の作品を映画化したいと思っていたところ、今回のオファーがきた」と説明した。

 前作で原田芳雄さんが演じ、今回福山が演じる役柄を「クール過ぎて人間味がないと感じていた。リメイクでは、人間味のある役にしたいと思っていた」と明かし、CM撮影で仕事をした経験のある福山を「優しげなイメージがありました。福山さんの笑顔を見ているとみんなが幸せになるイメージ。歌を聴いていても、地球上はみんな友達なんだよと思わせるような」とコメント。

 大阪で行われた撮影を振り返り、「大阪のおばちゃんたちは常にポケットに飴を入れていて、誰かが必ず『飴ちゃん食べる?』って聞いてくれる。すばらしい文化だと思う」と話して笑わせた。同作以外にも、今後日本で撮影を行う計画があるという。

 福山は、発表会で「今年一番の勝負作」と紹介された是枝裕和監督作品『三度目の殺人』(9月9日公開)にも主演。そのほか、トム・ハンクスエマ・ワトソンが共演するSNSを題材にしたスリラー『THE CIRCLE(原題)』(2017年公開)、中井貴一佐々木蔵之介がW主演する『嘘八百』(2018年公開)などが紹介された。



関連写真

  • 福山雅治主演作に自信をみせたジョン・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017-2018 ギャガ株式会社ラインナップ発表会』に出席したジョン・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017-2018 ギャガ株式会社ラインナップ発表会』に出席したジョン・ウー監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス