• ホーム
  • 芸能
  • 「ねこふんじゃった」アレンジがネットで話題のピアニスト・miro、映像とのコラボ演奏を披露

「ねこふんじゃった」アレンジがネットで話題のピアニスト・miro、映像とのコラボ演奏を披露

 「ねこふんじゃった」のバラードアレンジが話題を呼び、注目を集めているピアニスト・miroが18日(土)、東京・羽田のTIAT SKY HALLにて全国ツアー『ミロワンTour2016 Dream 〜キミと見る夢〜』を開催した。

【写真】その他の写真を見る


 同公演は、昨年9月の東京公演を皮切りに全国8ヶ所を巡ったツアーの追加公演として実施。「癒しの音楽」を届ける事をモットーに、ツイキャスなどの生配信サイトや公演などを通じて、自身の音楽を発信し続けているmiro。この日も得意の即興演奏やカバー曲を次々に披露した。

 中盤に差し掛かった場面では、話題になった「ねこふんじゃった」バラード篇の映像がスクリーンに。観客から歓声や笑い声が起こると、miroは猫耳のカチューシャを装着し、さらにファンを喜ばせる。そして「あの映像とともにピアノを聴くことを心待ちにしていたであろうファンへのプレゼント」という想いを込め、感動の話題作を生で聴かせた。

 昼・夜2回公演の夜公演には、ソロアコースティックギタリストのおさむらいさんをゲストに招いてセッション。ふたりは、大ヒット映画『君の名は。』の主題歌であるRADWIMPSの「前前前世」や「なんでもないや」を息の合った掛け合いで演奏し、ファンから大きな拍手が沸き起こっていた。

 本編ラストが近づくと、miroは「追加公演は、みんながいてくれたからこそできた。去年、全国をまわることができたし、みんなと今年早々に会えて嬉しかったです。癒しを分かち合えたことが幸せでした」と感謝。続けて「僕には大きな夢があります。いろいろなところにいって、リアルタイムに近い形で、いろいろな人と僕の音楽の旅を分かち合いたい。みんなが支えです。宝物。今まで以上にコツコツがんばっていくので応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 そして、最後のアンコールで披露したのは、書き下ろし楽曲「Dream」。miroいわく「カバーの曲では締まらない。この曲で、夢がコンセプトのステージが完成」という渾身作で、“夢のひと時”を締めくくった。

 ネットへの動画投稿が今では大きな話題性を生み、ファンを集めてコンサートを開くまでに至ったmiroは「僕の音楽を通じて、眠れたり、元気になってくれたりする人が増えれば嬉しいです」と熱い想いも語っていた。

 3月11日に開催される2.5次元系コンセプトライブイベント『Blooming Episode.1 独白(モノローグ)』(東京・渋谷Duo)にも出演が決定しているmiro。同イベントでは、奏者のmiroをはじめ、歌い手たちが各々の感情に沿って歌ったり、人気絵師みっ君×えむめろによる映像コラボレーションによる演出も繰り広げられる。

【miroイベント出演情報】
2.5次元系コンセプトライブイベント『Blooming Episode.1 独白(モノローグ)』(3/11@東京・渋谷Duo)
出演者:miro(ピアニスト)、あじっこ(歌い手)、kain(歌い手)、めいちゃん(歌い手)etc

関連写真

  • 全国ツアー追加公演で「ねこふんじゃった」バラード篇の映像とともに生演奏を披露したmiro
  • 全国ツアー『ミロワンTour2016 Dream 〜キミと見る夢〜』
  • miro全国ツアー『ミロワンTour2016 Dream 〜キミと見る夢〜』追加公演
  • miro全国ツアー『ミロワンTour2016 Dream 〜キミと見る夢〜』追加公演

オリコントピックス