• ホーム
  • 芸能
  • 星野源、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』アフレコ完了 予告編&主題歌も解禁

星野源、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』アフレコ完了 予告編&主題歌も解禁

 歌手で俳優の星野源がこのほど、アニメ声優として単独初主演を務める映画『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)のアフレコに臨んだ。星野演じる“先輩”の声が入った予告編も解禁。予告編では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの主題歌「荒野を歩け」を聴くこともできる。

 作家・森見登美彦氏の同名小説(角川文庫)が原作で、京都を舞台に描かれるどこかファンタジックな青春恋愛物語。森見氏の小説を先にテレビアニメ化した『四畳半神話大系』の監督・湯浅政明氏、脚本・上田誠氏(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案・中村佑介氏、キャラクターデザイン/総作画監督・伊東伸高氏が満を持して再集結し、アニメ映画化に挑んだ。

 数日にわたり都内で行われた収録では、星野が監督と積極的に意見を交わしながら、身振り手振りを交え、臨場感たっぷりに主人公の“先輩”を熱演。早口で話すシーンや独特の言い回しも多く、連日、長時間に及んだ収録をやりとげ、監督から「まさに先輩がいました」と絶賛されていた。

 予告編では、“先輩”が思いを寄せる“黒髪の乙女”に対し、「なるべく彼女の目にとまる」ようナカメ作戦を実行。外堀を埋めてばかりの“先輩”が、空回りしながら大奮闘する様子が描かれている。花澤香菜演じるヒロイン“黒髪の乙女”や、神谷浩史演じる“先輩”の学友“学園祭事務局長”、ロバート秋山竜次演じる“パンツ総番長”などのキャラクターたちも登場する。

 主題歌を手掛けたアジカンの後藤正文は「再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができてうれしいです。甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。星野源君にも歌ってほしいです」とコメントを寄せている。

■映画公式サイト
http://kurokaminootome.com/

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)アフレコに臨んだ主人公“先輩”役の星野源
  • 2月某日より数日かけて収録
  • アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATION「荒野を歩け」

オリコントピックス