• ホーム
  • 音楽
  • 鳥羽一郎、恩師・船村徹さんへ弔辞「不肖の息子です」

鳥羽一郎、恩師・船村徹さんへ弔辞「不肖の息子です」

 今月16日に心不全のため、84歳で亡くなった作曲家・船村徹(本名・福田博郎=ひろお)さんの葬儀・告別式が23日、東京・護国寺の桂昌殿でしめやかに営まれ、弟子を代表して歌手の鳥羽一郎(64)が弔辞を読んだ。

【写真】その他の写真を見る


 鳥羽は、昨年発売された楽曲「悠々と…」の歌い出し「たとえば俺が死んだなら いのちのすべてを灰にして 北の空から撒いてくれ」の部分を冒頭で読み上げ「先生は1年前に俺にそんな歌詞の歌を歌わせてくれました。あれは、辞世の歌だったんですか。遺言だったんですか」と呼びかけた。

 続けて「内弟子3年、その後もずっと男の生き方から考え方を俺は全部教えてもらいました。世界一の親父です。自分の神様です。心配や迷惑ばかりかけましたが、オレは親父の不肖の息子です」と感謝し「76曲も俺は親父の曲をもらいました。一番多くもらいました。一番いい歌をいただきました。親父、ありがとうございました。俺の宝です。俺の自慢です」と天を仰いだ。

 船村さんとの別れを惜しみながらも「2月16日、親父の魂は俺の体の中に入りました。生涯一緒です。一緒に歌っていきます。俺はそう覚悟を決めました」と決意を語りながら「親父、それでいいんでしょう? それでいいんですよね。以上です」と締めくくった。

 鳥羽のほかに、一般社団法人日本レコード教会会長の斉藤正明氏、栃木県知事の福田富一氏が弔辞を読み上げた。



関連写真

  • 恩師・船村徹さんへ弔辞を読んだ鳥羽一郎
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇前には、葉巻、ウィスキー、遺作となった「都会のカラス」直筆譜面が飾られた (C)ORICON NewS inc.
  • 恩師・船村徹さんへ弔辞を読んだ鳥羽一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 恩師・船村徹さんへ弔辞を読んだ鳥羽一郎
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに

オリコントピックス