• ホーム
  • 芸能
  • 舞台『おそ松さん』“六つ子”キャスト生歌にファン熱狂

舞台『おそ松さん』“六つ子”キャスト生歌にファン熱狂

 2015年10月からテレビ放送された大ヒットアニメ『おそ松さん』の舞台『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN'S SHOW TIME』(昨年9月・10月上演)のキャストによる劇中歌CDの発売記念イベントが21日、東京ドームシティで開催された。舞台キャストによるユニット「F6」のメンバー6人が勢ぞろいし、アルバム『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN'S SONG TIME』(10日発売)から3曲を披露した。

 寒空の下、あいさつ代わりに「WAKE UP! 〜SIX MEN'S SHOW TIME!!!!!!〜」でスタートすると、サイリウム輝く客席のボルテージは早くも最高潮。その後メンバーの自己紹介コーナーでは、カラ松役の和田雅成(25)が「よう、この日を待っていたか、このブスども!」とファンへ“ご褒美”の一言を放ち、客席には歓喜の悲鳴が響いた。

 2曲目「聖なるかな匣智裏紙(はこてぃっしゅ)」ではメンバーが箱ティッシュを持って客席をまわり、ファンは箱から抜いたティッシュを手に、メンバーとともに合唱。あまりの盛り上がりにおそ松役の井澤勇貴(24)からは「三代目 J Soul Brothersに負けない気がします! ティッシュの時は」と大胆な“ライバル宣言”も。最後には「Forever 6ock You」で今一度ファンの声援をあおり、ステージを締めくくった。



オリコントピックス