• ホーム
  • 音楽
  • 長渕剛、“恩人”石坂敬一さんお別れの会で弔辞 歌で感謝届ける

長渕剛、“恩人”石坂敬一さんお別れの会で弔辞 歌で感謝届ける

 洋楽ディレクターとして活躍、ユニバーサルミュージック会長などを歴任し、昨年12月31日に虚血性心不全のため亡くなった石坂敬一さん(享年71)のお別れの会が8日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれ、シンガー・ソングライターの長渕剛(60)が弔辞を読んだ。

【写真】その他の写真を見る


 石坂さんは、長渕の代表曲「乾杯」など数々のヒット曲を手がけた。音楽評論家の湯川れい子氏(81)、富澤一誠氏(65)に続く形でマイクの前に立った長渕は「こんなところで、お別れの会で弔辞を読むなんて思ってもなかったです。すごく悲しいけどしっかり読めるかどうか…。やりますね」と天国の恩人に向けて、声を投げかけた。

 東芝EMI在籍時代、石坂さんと共に歩んだ思い出を懐かしそうに振り返り、レコード会社を移籍してからも変わらず注がれた愛情に対して、何度も感謝の気持ちを口にした長渕。「だからやっぱり石坂さんがいないと困ります。けどどんなことがあっても僕は、詩を曲を書き続けますね。だって約束したから。さらに頭を掻きむしり悩み続けていきます。歌を話し、歌に呪われ、歌に傷つき、歌に喜ぶ」と、遺影を前に力強く誓った。

 続けて、自身の楽曲「12色のクレパス」を熱唱。故人への熱い思いを歌声として届けると「長年、私たち音楽人のために命ある限り、大切なことを教えて頂いてありがとうございました。たくさんの愛情、ありがとうございました。僕たちはさらに歌を書き続けて参ります。どうか、どうか見守っていてください」。そう呼びかけて10分以上にわたる弔辞を読み終えた。

 石坂さんは1968年に東芝音楽工業(当時)に入社。洋楽の名物ディレクターとしてザ・ビートルズら数々のヒット作を手がけ、ピンク・フロイドのアルバム『アトム・ハート・マザー』に『原子心母』と印象的な邦題を付けるなどして日本に洋楽を定着させた。邦楽でも長渕をはじめ、BOφWY矢沢永吉らを担当したほか、ユニバーサルミュージックやワーナーミュージック・ジャパンのCEO兼会長、日本レコード協会会長、オリコン社外取締役などを歴任。2009年に藍綬褒章、15年には旭日中綬章を受章した。



関連写真

  • “恩人”石坂敬一さんお別れの会で弔辞を読んだ長渕剛 (C)ORICON NewS inc.
  • ユニバーサルミュージック会長などを歴任した石坂敬一さんのお別れの会がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 弔事を読んだ湯川れい子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した加藤登紀子 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列したジュディ・オング (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列したAI (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した佐野元春 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した石川セリ (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した平尾昌晃 (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列した(左から)AI、青山テルマ (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会に参列したSUGIZO (C)ORICON NewS inc.
  • 石坂敬一さんのお別れの会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ユニバーサルミュージック会長などを歴任した石坂敬一さん(享年71) (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス