• ホーム
  • 芸能
  • シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』7・15公開 衝撃のビジュアル解禁

シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』7・15公開 衝撃のビジュアル解禁

 ディズニー/ピクサーの人気タイトル『カーズ』の3作目となる邦題が『カーズ/クロスロード』に決定。7月15日より全国で公開される。併せて解禁となったポスタービジュアルは、主人公のマックィーンがクラッシュして横転しているようにしか見えない衝撃的なもの。 前2作を監督したジョン・ラセター氏が「とても特別なストーリーで感動的だ」と自信を持って送り出す最新作は、「クロスロード」、つまり人生の岐路を題材にしており、大人たちの心にも大きく響きそうだ。

 『カーズ』は、車を擬人化したCGアニメーション。2006年に公開された1作目では、自信過剰で自分勝手な主人公、真っ赤なボディのスポーツカー、ライトニング・マックィーンが、田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込み、人の優しさに触れ、本当に大切な事に気づいていく成長を描き、世界中で大ヒットした。2作目の『カーズ2』(2011年)では、日本が舞台の1つに選ばれ、脂の乗ったNo.1レーサーのマックィーンが日本各地を走り抜け、大きな話題となった。

 最新作では、これまで華々しく第一線で走り続けてきたマックィーンもベテランとなり最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーに。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故に遭ってしまい、世間からも見放され、自信を失ってしまう。彼の脳裏によぎるのは、「引退」の2文字だった…。「大きな挫折を経験し、人生の選択に迫られたとき、どう立ち向かうべきか」という、大人にこそ共感できるリアルなテーマで、人生で壁にぶつかった時の“次の一歩”を描く。

 2006 年以降、ディズニーのアニメーション作品すべてを統括するようになったラセター氏は、本作の監督を過去シリーズ2作品でストーリーを手掛けたブライアン・フィー氏に託し、自身は製作総指揮として関与。「ブライアンはオリジナルストーリーから関わっているから、この作品のDNAについて完全に理解しているよ」と全幅の信頼を寄せている。

 そのストーリーについてラセター氏は「とても感動的で『カーズ』に少し似ていて、さらに深い感情に入り込んでいく。マックィーンマックィーンとドック・ハドソンの関係や、彼のドック・ハドソンの思い出も描かれているんだ」と明かす。

 ドック・ハドソンは、1作目でマックィーンにレースの走り方を教え、大きな影響を与えたキャラクター。ピストン・カップ3連続優勝の経歴を持つ伝説のレーサーだった。2008年に亡くなった名優ポール・ニューマンが声優を務めていた。



オリコントピックス