• ホーム
  • 芸能
  • ミス日本2017に大阪大学2年・高田紫帆さん 2156人の頂点に

ミス日本2017に大阪大学2年・高田紫帆さん 2156人の頂点に

 女優の山本富士子、藤原紀香らを輩出した『第49回ミス日本コンテスト2017』が23日、都内で行われ、京都出身の大阪大学文学部2年生・高田紫帆(たかだしほ・20)さんがグランプリに輝いた。高田さんは「ミス着物」にも選ばれ、ダブル受賞となった。

【写真】その他の写真を見る


 受賞のスピーチでは、涙で声を震わせながら「このような光栄な賞をいただき、本当に光栄に思っております」と喜びを語り、「私が自分のことでいっぱいになった時に、周りを見るといつもファイナリストの12人がいました。このすばらしいファイナリスト12人とともに、この舞台に立てたことが私にとって一生の財産だと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

 今年のテーマは「輝く行動美人」。2156人が応募し、最終審査に進んだ19歳から25歳までの候補者13人を対象に、昨年10月から1月まで勉強会を実施。この日の最終審査で着物、ドレス、水着審査が行われ、ウォーキング、自己PRを披露した。

 グランプリとともに各賞も発表され、「水の天使」には宮崎あずささん(23)「海の日」には三上優さん(25)「みどりの女神」には野中葵さん(20)、準ミス日本には宮西伽奈さん(23)が選ばれた。

 高田さんは京都府出身で現在は大阪大学文学部2年生。小学生から陸上に打ち込み、中学時代はジュニアオリンピックに出場。弟はサッカー16歳以下日本代表に選出されたこともある高田侑真選手。



関連写真

  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)「海の日」三上優さん、「水の天使」宮崎あずささん、グランプリの高田紫帆さん、「みどりの女神」野中葵さん、準ミス日本には宮西伽奈さん (C)ORICON NewS inc.
  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス