• ホーム
  • 芸能
  • マーティン・スコセッシ監督『沈黙』完成に感慨 現代社会へメッセージも

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』完成に感慨 現代社会へメッセージも

 映画『タクシー・ドライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などで知られる巨匠マーティン・スコセッシ監督が16日、都内で行われた映画『沈黙-サイレンス-』(21日公開)の来日記者会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、スコセッシ監督が遠藤周作が執筆した原作と28年前の1988年に出合い、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年にわたり温め続けてきた企画。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、来日したポルトガル司祭の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを描く。

 一大プロジェクトがようやく完成し、大勢の報道陣を前にスコセッシ監督は「積年の思いでやっと完成させることができました。そして日本の皆さんに受け入れてもらえることができ、夢がかなったという思いです。本当にありがとうございます」と笑顔。「この作品を作る過程は、私にとって壮大な学びの旅だった。映画は完成したけど、これで終わりだと思っていない。今も私はこの作品とともに生きている」と言葉に力を込めた。

 また「若い頃に撮っていたら全然違う作品になっていたと思う。ようやく脚本として構成して撮ってもいいと思ったのが『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮り終えた2003年くらい。この頃、私生活でも変化があって、再婚して小さな女の子が生まれました。成熟した段階で父になって、私生活の変化もいろんな可能性を押し広げるきっかけになりました」と、完成に至るまでの歩みを感慨深げに回顧した。

 「弱き者をはじかずに包容する」をテーマに撮影を進めたスコセッシ監督は、作品を通じて「いま一番危険にさらされているのは、若い世代。“勝者が世界を制覇していく”ということしか見ていなく、それはとても危ないこと」と、現代社会への不安を抱いたと告白。

 「みんなが強くある必要はない。いわゆる世の中にはじかれてしまった人たちもいるが、彼らのことを知ることが大切だし、技術が進歩し物質的な価値が重んじられる時代だからこそ、『何かを信じたい』ということを真剣に考えるべきだ」と、メッセージを送った。

 会見にはそのほか、作風になぞらえて、長崎で「かくれキリシタン」として伝統を受け継ぎ信仰を続けている村上茂則さんもゲスト登壇。ひと足早く同作を鑑賞し「映画の中で自分の先導たちがこのような目に遭って、これだけの弾圧を受けながらやってきた。感情を露わにさせるような映画でした」と、神妙な面持ちで感想を吐露。作品の出来栄えには太鼓判を押し、スコセッシ監督と固い握手を交わしていた。



関連写真

  • 来日会見を行ったマーティン・スコセッシ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した(左から)マーティン・スコセッシ監督、「かくれキリシタン」の村上茂則さん (C)ORICON NewS inc.
  • 来日会見を行ったマーティン・スコセッシ監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス