• ホーム
  • 芸能
  • 【コミケ91】年末恒例“冬コミ”、過去最大規模で開幕 叶姉妹の来場は?

【コミケ91】年末恒例“冬コミ”、過去最大規模で開幕 叶姉妹の来場は?

 年末恒例の日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット91』が29日、開幕した。昨年は3日間で計52万人(コミックマーケット準備会発表)が来場した同イベント。今回は、新たな展示スペース(東7ホール)が設けられ、過去最大規模の開催となった。この日も始発から大勢のファンがつめかけ、開場前から東京・有明の東京ビッグサイト周辺は人で埋め尽くされ、大変な熱気に包まれている。

 過去最大規模となった今回のコミケ。前回まで駐車場だったエリアに、新たに展示ブースが設けられ、29日はそこに『刀剣乱舞』と『あんさんぶるスターズ!』の人気ジャンルが入ることから、スタートから女性ファンで熱く盛り上がるエリアになりそうだ。また、10月のアニメ放映開始から瞬く間に多くの女性ファンを虜にした『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日系)は、多くのサークルから出品が予想されるが、まだジャンルにはなっていないため、ブースを探し求めるファンの姿も多く見られそうだ。

 そのほかのジャンルでは、今回も『艦隊これくしょん -艦これ-』『刀剣乱舞』の混雑が予想されるが、『おそ松さん』や『あんさんぶるスターズ!』など、特に女性に人気の作品ジャンルが新設されており、こちらも賑わいそうだ。

 一方、タレントの来場で話題を巻き起こしているのが、叶姉妹。公式ブログにて「29日か30日のコミケにお伺いすることになりましたので初心者ですのでどうぞよろしくお願いいたします」と初参戦を予告し、ネットを騒然とさせた。一般来場なのか企業ブースでの参加なのか詳細は不明だが、「何か注意事項などありましたらぜひ教えてくださいね。今からとっても楽しみですよ」という丁寧な書き込みや、『ジョジョの奇妙な冒険』好きをSNSで公言し、“ジョジョ立ち”の投稿写真に関してファンとのやりとりをしていたことなどから、ファンからは好意的に受け止められている。ちなみに前回の『コミケ90』では、西川貴教がサークルとして一般ブースに『T年M組』を出展し、自らも来場して自作のうちわを手配りしたことが話題になっていた。

 企業ブースでは、恒例となっているNHKが今回も参加。「NHK薄い本」には、アニメ『クラシカロイド』、放送25年の『忍たま』、放送20年の『おじゃる丸』の特集、さらに『にゃんぼー!』制作レポートが掲載される。そのほか、『シン・ゴジラ』など人気キャラクターのグッズも各ブースで販売される予定。

 屋内イベントとしては、国内最大規模の50万人以上が毎回来場する“コミケ”。1975年よりスタートした同イベントは、漫画や小説、ソフトなどさまざまなジャンルの創作物を扱った即売会として、現在は夏と冬の年2回、それぞれ3日間にわたって開催されている。今回も企業ブースにはNHKやKADOKAWA、小学館などの大手企業がこぞって出展。新作のプロモーションが行われているほか、コミケオリジナルのグッズやキャラとイベントがコラボした遊び心のある展示も話題に。さらに、運営スタッフの名言案内なども恒例になっている。

 『コミックマーケット91』は、12月29日〜31日の3日間、東京ビッグサイトにて開催。



オリコントピックス