• ホーム
  • 芸能
  • 野球通の中居正広も脱帽 「俺の侍ジャパン」ドラフト今年も開催

野球通の中居正広も脱帽 「俺の侍ジャパン」ドラフト今年も開催

 来年3月に開催されるWBC(ワールドベースボールクラシック)に先駆けて、プロ野球の現役選手がドラフト会議さながらに現役プレーヤーを選択、理想とする日本代表チーム、侍JAPAN を作る「俺の侍ジャパン」が、27日にテレビ朝日ほかで放送される『中居正広のプロ野球魂』(深0:20〜2:05)で発表される。

【写真】その他の写真を見る


 現役でプレーする選手だからこその目線で「すごい!」と思った選手を選択、その選択理由の奥深さから、MCの中居正広はもちろん、野球ファンをうならせる番組として、年末恒例のスポーツ企画となりつつある「俺の侍ジャパン」。昨年末に放送された同番組は、深夜の時間帯、しかもマニアックな野球ファンに向けた番組にもかかわらず、ギャラクシー賞を受賞し、その質の高さが広く認められつつある。

 今回、チーム編成に挑むのは、読売ジャイアンツの阿部慎之助、涌井秀章&角中勝也の千葉ロッテマリーンズコンビ、則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)&武田翔太(福岡ソフトバンクホークス)の実力派若手投手コンビ。それぞれに伊集院光(チーム阿部)、井森美幸(チーム涌井&角中)、武井壮(チーム則本&武田)という芸能界の野球マニアが各チームをサポートする。

チーム編成の目標は、WBC決勝で勝てる「侍ジャパン」。想定対戦相手は、今回メジャーリーグから有力選手の参加が予想されるアメリカ代表。各チームのチームコンセプトは、チーム阿部が「氣」、チーム涌井&角中は強いだけでなく見ても楽しいチームを目指し「華」をコンセプトに、チーム則本&武田は“神ってる”ならぬ「迷ってる!!」。どうやらどのようなチームにすべきか、迷いがあるようで…。

 各チーム、投手から指名が始まる。二刀流で注目される大谷翔平選手についての評価を各選手に聞くと、全員が投手としてよりも打者としての大谷を高く評価。大谷は投手として指名されるのか、それとも打者か? 最終的にどんな「侍ジャパン」ができ上がるのか? 完成したそれぞれの「侍ジャパン」を、スタジオで見ていた野球ファンとプロ野球担当記者の合計30人が評価。アメリカ代表に勝てる可能性が高いと思うチームに投票し、もっとも多くの票を集めた チームに賞金が贈られる。

 中居は「僕にとってこの番組は楽しい以外の何物でもないですね。選手データはほとんど頭に入っていますので、どんな選手が指名されてもちゃんと話ができるんです。特に勉強しているわけではなく、野球は大好きで常に見ていますから」と、今回も安定の司会ぶりを見せる。

 「この番組では野球の専門用語をよく使います。他の番組だったら専門用語が出てきたら説明もしますが、一切そういうことはしていません。わからない方には申し訳ないですが、本当に野球をこよなく愛している人には、たまらない番組だと思います」と、マニアックな方向に進めば進むほど楽しさは増すようで、「僕もたくさんレギュラーをやらせていただいていますが、こんな番組は他にないです。テレビ朝日も年に一度、『視聴率を気にしない』と覚悟を決めた番組じゃないですか? 365 日分の1日、この時間は特別!というぐらい。僕としては、その計らいがすごくうれしいです」と、ノビノビと番組を進行。

 「日本のプロ野球界は、同じ打撃フォーム、同じ投球フォームの選手が多くなって個性がどんどんなくなっていった時期もありましたけど、いまは面白いですよね。それだけ選手一人一人のいいところを伸ばしてくれるコーチが増えてきたのかな、と思います。僕はメジャーリーグも高校野球も見ますけど、そういう個性的な選手が増えたことで日本のプロ野球も面白くなったと思っています。番組で作った侍 JAPAN に試合をしてもらいたい」 と話していた。



関連写真

  • テレビ朝日ほかで12月27放送、『中居正広のプロ野球魂』で「俺の侍ジャパン」開催(C)テレビ朝日
  • 架空のドラフトにもかかわらず、クジを引いて勝つと条件反射でガッツポーズ(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日ほかで12月27放送、『中居正広のプロ野球魂』で「俺の侍ジャパン」開催。読売ジャイアンツの阿部慎之助、伊集院光(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日ほかで12月27放送、『中居正広のプロ野球魂』で「俺の侍ジャパン」開催。涌井秀章&角中勝也の千葉ロッテマリーンズコンビと井森美幸(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日ほかで12月27放送、『中居正広のプロ野球魂』で「俺の侍ジャパン」開催。則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)&武田翔太(福岡ソフトバンクホークス)、武井壮(C)テレビ朝日

オリコントピックス