• ホーム
  • 芸能
  • 北条司氏&井上雄彦氏の“師弟対談”実現 『SLUM DUNK』最終回秘話も語る

北条司氏&井上雄彦氏の“師弟対談”実現 『SLUM DUNK』最終回秘話も語る

 集英社が発行する漫画誌『グランドジャンプ』(毎月第1・3水曜日発売)が創刊5周年を迎え、特別企画として21日発売の新年2号で『CITY HUNTER』などを手掛けた北条司氏と、『SLAM DUNK』などを手掛けた井上雄彦氏の対談が誌面で実現した。

【写真】その他の写真を見る


 両者は『週刊少年ジャンプ』を代表する作家であり、『CITY HUNTER』連載時には北条氏のアシスタントを井上氏が務めていた“師弟関係”でもあった。今回の対談ではアシスタント時代のこぼれ話から、『ジャンプ』における連載とアンケートの関係、『SLUM DUNK』最終回秘話まで、ここでしか読めない話題がたっぷり語られた。

 さらに、同号についている応募券を送ると、『CITY HUNTER』主人公の冴羽リョウ、『SLUM DUNK』主人公の桜木花道、そして両キャラクターが1枚に描かれた3種類の色紙が抽選で各1名に当たる特別プレゼント企画も実施される。

 同号では、今年9月に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が終了した秋本治氏の新連載『BLACK TIGER ブラックティガー』が表紙&巻頭カラーでスタートする。

 なお、24日発売の『月刊コミックゼノン』2月号(徳間書店)にも北条氏と井上氏の対談の別バージョンを掲載。内容は『グランドジャンプ』と『ゼノン』でそれぞれ異なるので、あわせて楽しめる。



関連写真

  • 北条司氏と井上雄彦氏が描き下ろした両者の代表キャラが共演した色紙
  • 北条司氏(左)と井上雄彦氏の師弟対談が実現=『グランドジャンプ』2号(集英社)より
  • 北条司氏が描き下ろした色紙
  • 井上雄彦氏が描き下ろした色紙
  • 『グランドジャンプ』2号表紙画像(集英社)

オリコントピックス