• ホーム
  • 音楽
  • ギターウルフがライブ活動一時休止 セイジが股関節の再手術

ギターウルフがライブ活動一時休止 セイジが股関節の再手術

 ロックバンド・ギターウルフが、27日に大阪・心斎橋Pangeaで開催する『ジェット忘年会』公演をもって、ライブ活動をしばらくの間、休止する。17日にバンド公式サイトで発表された。

 休止の理由は、セイジ(Vo、Gt)が、2007年に手術をした股関節の再手術を来年1月にするため。ライブ活動は「股関節回復後に再開します」とし「ホームページ、SNSなどで情報をチェックしていただくともに、引き続き応援よろしくお願いします」と呼びかけている。

 ギターウルフは、1987年結成。世界各地でライブやリリース活動を行う一方、海外からも積極的にアーティストを呼んで国内ツアーを行っている日本を代表するロックバンド。2007年に一時活動を停止したことがあったが、09年4月4日、日比谷野音にてライブで復活。2012年に結成25周年、デビュー15周年を迎えた。

 滅多にテレビに姿を現さないセイジだが、今月15日にはフジテレビ系『アウト×デラックス』(毎週木曜 後11:00)に初出演。「革ジャンは洗濯機で洗う」と明かすなど、MCの矢部浩之マツコ・デラックスらを驚かせていた。



オリコントピックス