• ホーム
  • 音楽
  • 北島三郎『ゆうもあ大賞』を笑顔で受賞「愛してもらえる歌をうたい続ける」

北島三郎『ゆうもあ大賞』を笑顔で受賞「愛してもらえる歌をうたい続ける」

 演歌歌手の北島三郎(80)が、その年に“ユーモア”で貢献し、世の中に明るい話題を提供した人に贈られる『平成28年度 ゆうもあ大賞』を受賞し7日、都内で行われた表彰式に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 記念品などを受け取った北島は「ありがとうございます。おかげさまでこの道を歩かせてもらって55年。まだその途中でございます」と感慨深げに喜ぶと「今年で80歳になりました。80だからもう歳だからとは思ってない。まだまだ好きな道、愛してもらえる歌をうたい続けていきたい。健康に気をつけながら一生懸命頑張りながら今後共よろしくお願いします」とあいさつした。

 一方で自身が保有する競走馬・キタサンブラックが先日、G1・ジャパンカップを優勝。「この賞は私の馬でもらったのかな? 馬が有名になりまして、私よりも馬のほうが人気が出まして、この頃は『サブちゃん』よりも『ブラック』と呼ばれる」とうれしそうに明かして、笑いを誘っていた。

 同賞にはそのほか、リオ五輪陸上男子400メートルリレーの銀メダリストの桐生祥秀選手、女子200メートルバタフライ銅メダルの星奈津美選手、今季限りで現役引退した三浦大輔氏が受賞し、表彰式に出席した。



関連写真

  • 『平成28年度 ゆうもあ大賞』授賞式に登壇した北島三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『平成28年度 ゆうもあ大賞』授賞式に登壇した(左から)三浦大輔、北島三郎、星奈津美、桐生祥秀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『平成28年度 ゆうもあ大賞』授賞式に登壇した桐生祥秀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『平成28年度 ゆうもあ大賞』授賞式に登壇した桐生祥秀選手(C)ORICON NewS inc.
  • 『平成28年度 ゆうもあ大賞』授賞式に登壇した星奈津美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス