• ホーム
  • 芸能
  • 「スター・ウォーズ」新メンバーが来日 空港にファン300人が出迎え

「スター・ウォーズ」新メンバーが来日 空港にファン300人が出迎え

 「スター・ウォーズ」最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)の主人公ジン役フェリシティ・ジョーンズ、情報将校のキャシアン役ディエゴ・ルナ、そしてギャレス・エドワーズ監督が6日、プロモーションのため来日。千葉・成田国際空港に到着したフェリシティたちを約300人ものファンが出迎えた。

【写真】その他の写真を見る


 到着出口にはシリーズの人気キャラクター、ストームトルーパーのマスクや反乱軍のヘルメットをかぶった人なども見られ、朝から9時間以上も待っていたという熱心なファンも。

 フェリシティは、プロモーションでは初来日。彼女が笑顔で手を振るだけで甲高い歓声が上がった。映画『GODZILLA ゴジラ』のプロモーション以来、2年ぶりのエドワーズ監督は「とても光栄なことだと思っているよ。日本の映画、特に黒澤明の『隠し砦の三悪人』は、ジョージ・ルーカスも影響を受けた『スター・ウォーズ』の原点のようなものだからね。シリーズの故郷ともいえる日本に本作を持って来られて、とてもうれしいよ」とコメント。続けて、「ぜひ映画を観に行ってください! もし、観てくれなかったら帝国軍がデス・スターで破壊しにきますよ!」と茶目っ気を見せて、ファンを喜ばせた。

 9年ぶりに来日を果たしたというディエゴは、長時間のフライトの疲れも見せず、ファンサービスに応じ、「ありがとう! 日本に来られてすごくうれしいよ。ファンの皆さんに会えたことも最高だ。この3日間がすごく楽しみだよ!」と、語った。

 3人は滞在中、記者会見、レッドカーペットイベント、特別映像上映会などに参加する予定となっている。

 同作は、ジョージ・ルーカス氏が生み出した銀河宇宙を舞台にした壮大な叙事詩、「スター・ウォーズ」シリーズ初のアナザーストーリー。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)つながる物語で、主人公ジンを中心に集まった反乱軍の寄せ集めチーム<ローグ・ワン>のメンバーが、究極兵器デス・スターの設計図を奪うミッションに挑む。



関連写真

  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のプロモーションのため来日したフェリシティ・ジョーンズ
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のプロモーションのため来日したディエゴ・ルナ
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のプロモーションのため来日したギャレス・エドワーズ監督
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のプロモーションのため来日したフェリシティ・ジョーンズ
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のプロモーションのため来日したギャレス・エドワーズ監督、ディエゴ・ルナ。ファンサービス中

オリコントピックス