• ホーム
  • 芸能
  • 高畑充希“ブレイク女優”首位に喜び 「今年は全力疾走。来年はマイペースで仕事を」

高畑充希“ブレイク女優”首位に喜び 「今年は全力疾走。来年はマイペースで仕事を」

 女優の高畑充希が7日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催された『〜今年頑張った女性を称える〜 ORICON STYLE クイーン・アワード 2016』に出席。同日にORICON STYLEが発表した『2016年 ブレイク女優ランキング』で1位に輝いた高畑は、「すごくありがたいなという気持ちと、自分のことじゃないような気持ちがあります。ブレイクでクイーンに選んでいただけるのは一生に一度だと思いますので、この賞を噛み締めて帰りたい」と喜びの言葉を語った。

 同授賞式には、『好きなスポーツ選手(女性部門)』で1位を獲得した吉田沙保里選手、『“インテリジェンスクイーン”ランキング』で1位を獲得した菊川怜も出席。吉田選手は、「素直にうれしいですし、(福原)愛ちゃんや(浅田)真央ちゃんよりも上にいたのが信じられない。いつもはレスリングの1位なので、スポーツ全体のクイーンに選んでいただいたのは皆さんのおかげです」とコメント。菊川は「賞をもらったのは久しぶり。クイズ番組でも不甲斐なかったので私が貰っても良いかと思ったがうれしい」と喜びを語った。

 吉田選手がクイーンに選ばれた理由としては、「ユーモアがあって素敵」(奈良県/20代女性)という声も。これについて吉田が「ありがとうございます。でもユーモア、私ありますかね?」と首を傾げると、すかさず菊川が「先ほど、バックステージで待っているときに(吉田選手は)『どうして“恋人にしたいクイーン”じゃないんだろう?』と言っていました」と暴露。吉田は照れ笑いをしながら「そこでも輝きたかったなと思いながら話しましたが、クイーンが綾瀬はるかさんと聞いて、ああ叶いませんと思いました」と冗談を交えて会場を沸かせた。

 一方、高畑は「今年はいろいろなことをやらせていただきましたが、それら全てが私のやりたい事。すごく充実した1年でした」と2016年を回想。また2017年の抱負については「16年が全力疾走の年だったので、17年は自分のペースを取り戻しながら仕事がしたい。また今年は自分へのご褒美として欲しいものを買いすぎたので、来年は静かに質素に暮らせたら(笑)」と明かした。

 『〜今年頑張った女性を称える〜 ORICON STYLE クイーン・アワード 2016』は、頑張る女性を称える日として新たに記念日として設定された12月12日の「クイーン・デー」に先立って、オリコン・モニターリサーチによるランキングの中から女性にフォーカスした12部門で1位になった女性有名人をクイーンとして表彰。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス