• ホーム
  • 音楽
  • マニラ拠点「MNL48」、“総選挙”で1期生決定 定員64人・任期1年で毎年開催

マニラ拠点「MNL48」、“総選挙”で1期生決定 定員64人・任期1年で毎年開催

 AKB48の新たな海外姉妹グループとして3月に結成が発表されていたフィリピン・マニラを拠点に活動する「MNL48」の1期生オーディションが、ファン投票による総選挙(国民投票)方式で行われることが発表された。定員は64人、“任期”を1年間とし、毎年総選挙でその年の活動メンバーを決める。

【写真】その他の写真を見る


 AKB48のチーム8が3日、フィリピン・マニラで初開催したファンミーティング中にMNL48運営事務局が発表したもの。応募者は誰もが閲覧できるNML48のアプリからエントリーし、64人を定員とした総選挙(ファン投票)で1期生を決定する。活動期間は1年間。2年目からは既存メンバーと新規の応募者を「全候補者」として、毎年総選挙を行い、その年の活動メンバー64人の枠を争うという、かつてない試みで始動する。

 既にマニラの街頭ではMNL48のビルボードが設置されているほか、街頭ビジョンではPR映像が流れるなど、告知活動が始まっており、事務局は「今後さらに多面的に展開していく計画です」としている。MNL48は3月に行われたAKB48の単独コンサートで、台湾・台北の「TPE48」、タイ・バンコクの「BNK48」とともに結成されることがサプライズ発表されていた。

 なお、マニラにはチーム8の佐藤七海(岩手県代表)、岡部麟(茨城県代表)ら12人が訪問し、フィリピンのテレビ番組に生出演。さらにパサイ市のムービー・スターズ・カフェで開催された初のファンミーティングでは、数百人のファンの大声援を受けながら「47の素敵な街へ」などをパフォーマンスし、大盛り上がりとなった。

■NML48第1期生オーディション募集要項
(1)応募者は、MNL48のアプリからエントリー(内容は一般ユーザーも閲覧可)
(2)MNL48は 「64名を定員」とし、最終的に第1期生を決定のうえ、1年間を期間として活動を行う
(3)総選挙は、64名の定員枠に対し、先行既存メンバーと新たな応募者を 「全候補者」とし、毎年実施する



関連写真

  • フィリピン・マニラの街頭に登場した「MNL48」始動の告知看板(C)Hallohallo Entertainment Inc.
  • AKB48の新たな海外姉妹グループ「MNL48」の1期生を募集
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • フィリピン・マニラの街頭に登場した「MNL48」始動の告知看板(C)Hallohallo Entertainment Inc.
  • フィリピン・マニラの街頭に登場した「MNL48」始動の告知看板(C)Hallohallo Entertainment Inc.
  • フィリピン・マニラの街頭に登場した「MNL48」始動の告知看板(C)Hallohallo Entertainment Inc.
  • フィリピン・マニラを拠点に活動する「MNL48」ロゴ
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS
  • マニラで初のファンミーティングを開催したAKB48のチーム8(C)AKS

オリコントピックス