• ホーム
  • 芸能
  • ホラーショートアニメ『闇芝居』4期 1月放送

ホラーショートアニメ『闇芝居』4期 1月放送

 テレビ東京で深夜に放送されてきたホラーショートアニメ『闇芝居』の4期となる新シリーズが、来年1月に同局で放送される。新シリーズは、紙芝居屋の“おじさん”役 に13 人の俳優陣を起用。紙芝居表現の原点である“語り”に一層こだわり、新たな恐怖を創り出す。

【写真】その他の写真を見る


 身の回りの怪奇な都市伝説をテーマに、 現代では珍しくなった”紙芝居”を デジタル表現で見せる昭和テイスト満載のショートアニメ。

 2013年夏、「深夜に突然はじまる紙芝居ホラー」として、作品自体が都市伝説的な反響を呼んだ。14年夏には、Jホラー界の巨匠らをゲスト監督に迎えてさらなる恐怖演出を施した2期を放送し、16年冬には100体超の不気味なキャラクターたちによる恐怖を描いた3期が放送された。

 4期でストーリーテラーとなる紙芝居屋の“おじさん”を演じるのは、シリーズ開始当初から同役を演じている津田寛治をはじめ、寺田農渡辺哲小倉久寛、、松尾諭宮崎吐夢増本庄一郎竹井亮介、ひのあらた、龍坐、山崎直樹ら、多様な俳優陣に加え、人間国宝・野村四郎を父に持つ能楽師・野村昌司、世界的パントマイマー・あらい汎といった個性豊かな面々が、味わいある語りで新たな都市伝説を生み出す。さらに、俳優の村井良大のほか、茉莉邑薫、春名風花、石賀和輝、岸野聡子なども出演予定。

 新シリーズの作画を担当するのは、平成「ゴジラ」シリーズのほか、数多くの特撮作品でデザイン・演出を手掛ける西川伸司氏、「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズや、みなもと太郎氏の『風雲児たち』などで表紙絵を担当する工藤稜氏、「闇芝居」シリーズで恐怖作画を得意とする三俣亜由喜氏ら。

 演出は、同名映画のゲーム化企画『RAMPO』(セガサターン)をはじめ、数多くのゲーム作品で、ディレクションを務める兼子昌也氏。ゲームクリエイターならではの映像表現でアプローチする。脚本は、シリーズ開始当初から数々の都市伝説を書き続ける熊本浩武氏が引き続き担当する。

 新シリーズのエンディングテーマは、若手シンガー・ソングライターの焚吐による書き下ろしの新曲「夢負い人」に決定している。



関連写真

  • 2017 年1月より『闇芝居』新シリーズ放送決定 紙芝居屋の“おじさん”役に13人の俳優を起用(C)「闇芝居」製作委員会 2017
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する津田寛治
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する寺田農
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する渡辺哲
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する小倉久寛
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する松尾諭
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する宮崎吐夢
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する増本庄一郎
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する竹井亮介
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当するひのあらた
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する龍坐
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する山崎直樹
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する能楽師・野村昌司
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』で語りを担当する世界的パントマイマー・あらい汎
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』ゲスト声優の村井良大
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』ゲスト声優の茉莉邑薫
  • 2017 年1月スタートの『闇芝居』ゲスト声優の石賀和輝

オリコントピックス