• ホーム
  • 芸能
  • 不眠に悩む中居正広に稲垣吾郎がラジオでアドバイス

不眠に悩む中居正広に稲垣吾郎がラジオでアドバイス

 27日放送のラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)で、稲垣吾郎が最近の中居正広の様子や本質、彼の優しさについて冗談交じりで語った。

 この日、人気コーナー“SMAPな時間”に寄せられたリスナーからのハガキにより、「リオ五輪以来なかなか眠れない」という中居の話題に。中居本人によってそれが語られたのは、9月24日放送のラジオ『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)。その際、快眠方法を募集していたということで、リスナーから「早寝早起きの吾郎さん、中居くんに快眠方法教えてあげてください。きっとリスナーの誰かが中居くんのラジオにハガキを書いてくれるので連絡手段は確保できています(笑)」というリクエストが寄せられたのだった。

 ハガキにあった、「中居くんのポリシーとして、湯船に浸かること、本を読むこと、映画を観ることは快眠方法として頼りたくないそうです」という条件ですでに半笑いになっていた稲垣は、「でも、せっかく考えても中居くんは俺の言うこととか聞かないでしょ!?『稲垣さんと俺は生き方の根本が違うからさ……』『あーやだ、稲垣さんみたいにはなりたくない』とか言いそうじゃん! なんでそんな人のために俺が考えなきゃいけないのよ」と、中居の物まねを交えながら、約2分に渡って不満をぶちまけた。

 しかし、「……でも僕は優しいですから、何を言っても無駄な頑固ジジイの中居くんにも今から考えますよ」と笑い、中居の私生活を想像しながら、晩酌や湯船に浸かることをアドバイス。「(中居は)眠れないって昔から言いますよね。本当に繊細で、すごく物事を熟考するタイプですから、夜寝るときは頭を空っぽにしないとね。どうしたらいいんだろうな〜」と悩みながらも、自身のパブリックイメージを引き合いに「ラベンダーのアロマとか、僕が言いそうですよね。他には運動、ストレッチ……」と続ける稲垣。最後には、「これはやっぱり、中居くんも僕と一緒にヨガ始めるしかないですよ。僕も体が硬いから」と誘い、「これは伝達しなくて結構です」とオチをつけた。

 さらに最後のコーナー“「五六二三」(吾郎文)”でも、『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、中居が「稲垣さんはモテるよ。女性に優しいから」と言ったという報告があり、再び中居の話題に。周囲からもその話を聞いていたという稲垣は、「僕は男性にも優しくしてるつもりなんですけど」「姉がいる中で育っているから、女性と話すときは僕の中の“おばちゃん”要素が出てきて、それで話しやすいとは言われる」と語りつつ、「優しさって人それぞれですからね。中居さんの優しさと吾郎さんの優しさの場所は違うというか、表現が違う。中居くんも優しいです」とまとめた。

 図らずも“中居デー”になったこの日の“ストスマ”。25年間、“変わりながら変わらずいられる”SMAPというグループにあって、稲垣吾郎と中居正広の独特な関係を感じさせる内容となった。
(文/坂戸希和美)



オリコントピックス