• ホーム
  • 音楽
  • JY、12・7シングル2作同時発売 “本当に同一人物?”なビジュアルも公開

JY、12・7シングル2作同時発売 “本当に同一人物?”なビジュアルも公開

 女優の知英(ジヨン)がアーティスト名義「JY」として、12月7日に3rdシングル「フェイク」、4thシングル「恋をしていたこと」を同時発売することが明らかになった。あわせて両作のビジュアルも公開され、「クール」と「キュート」両面の魅力を表現している。

【写真】その他の写真を見る


 恋人の裏切りを追い詰めていく女性の心情を描いた「フェイク」は、昭和歌謡風のメロディーでありながら、激しい打ち込みとフラメンコ調のギターがあいまった新しいタイプの楽曲。

 一方、「恋をしていたこと」は、7月期のフジテレビ系月9ドラマの同名主題歌「好きな人がいること」の続編のイメージで制作されたクリスマスソング。キラキラとした音色に乗せ、「付き合い始めた時のときめきを年に1度のクリスマスイブにもう一度思い出そう」と歌う冬のラブソングとなっている。

 まったく違う曲調の2曲のビジュアルも両極端。色鮮やかなドレス姿をまとった妖艶な「フェイク」のジャケットは、写真集でもタッグを組んだ写真家レスリー・キー氏が撮影した「クール」なカット。一方の「恋をしていたこと」のジャケットは、冬コーデをまとい、ジヨンのアイドル性を押し出した「キュート」な一枚となっている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 本当に同一人物!? JY(知英)がシングル2作のビジュアルを同時公開
  • JYの3rdシングル「フェイク」のイメージ写真
  • JYの4thシングル「恋をしていたこと」のイメージ写真
  • JYの4thシングル「恋をしていたこと」のイメージ写真
  • JYの3rdシングル「フェイク」のイメージ写真
  • JYの4thシングル「恋をしていたこと」のイメージ写真

オリコントピックス