• ホーム
  • 音楽
  • 元レベッカ 木暮“shake”武彦、12・21ソロアルバム 6年ぶりにエレキ演奏

元レベッカ 木暮“shake”武彦、12・21ソロアルバム 6年ぶりにエレキ演奏

 元レベッカRED WARRIORSのギタリスト、木暮“shake”武彦(56)が、12月21日にソロ5枚目のアルバム『惑星にて』を発売することが決定した。

 長男誕生を機に富士山麓へ移住した2003年以降はインストゥルメンタルを中心に、11年以降はアコースティックを中心として活動してきたが、フォークロックをテーマにした今作では「エレキもアコギも、心のバイオリズムに合わせて好きに鳴らせるアルバムを作りたかった」との思いから、6年ぶりにエレクトリックギターを演奏。シャケの集大成とも言える作品に仕上がっている。

 11月からは全国29ヶ所を回るソロツアー『木暮“shake”武彦 TOUR 2016 “惑星にて”』を開催。年内は単独で行い、年明けからはバンド・Big Moutain BLueとともに各地を訪れる。



関連写真

  • 6年ぶりにエレキギターを演奏したという木暮“shake”武彦
  • ソロ5枚目のアルバム『惑星にて』(12月21日発売)

オリコントピックス