• ホーム
  • 音楽
  • 40年前の“Zep”がZeppで蘇る レッド・ツェッペリン伝説ライブ一夜限定上映

40年前の“Zep”がZeppで蘇る レッド・ツェッペリン伝説ライブ一夜限定上映

 イギリスの伝説的ロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin=通称Zep)のライブドキュメンタリー映画『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』が、9月14日に東京・名古屋・大阪の3ヶ所で同時上映されることがわかった。会場は、その名称がツェッペリンに由来するといわれるライブハウス「Zepp」。40年前のZepがZeppで蘇る。

【写真】その他の写真を見る


 1976年10月21日、米ニューヨークで世界初公開されたドキュメンタリー映画『狂熱のライブ』(日本公開=77年7月)が40年の時を経て、世界でも類を見ないライブ会場のPAシステムをフル活用した高音質、高画質、大画面で上映されることが決まった。

 映画は73年にマジソン・スクエア・ガーデンで行われた伝説のライブで披露した名曲「ロックン・ロール」「天国への階段」「胸いっぱいの愛を」など全11曲を中心に構成。ジミー・ペイジ(G)、ロバート・プラント(Vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)、ジョン・ボーナム(Dr)の考えや夢など内面も浮かび上がらせる。

 本イベントは東京・Zepp DiverCity、愛知・Zepp Nagoya、大阪・Zepp Nambaで同時開催。映像は2007年にBlu-ray化する際、デジタル・リマスタリングが施されており、家庭では再現不可能な大音量、音圧で上映される。スタンディングで絶叫も可とあり、伝説のライブの醍醐味を疑似体験できる。

 今年はツェッペリンが71年10月に初来日公演を行ってから45周年にあたり、リアルタイムで知らないファンにとっても貴重な一夜となりそう。争奪戦必至のチケットは、きょう午前11時から販売受付がスタートした。

■公式ホームページ
www.110107.com/zepp-de-zep



関連写真

  • 40年前に初公開されたレッド・ツェッペリンのドキュメンタリー映画『狂熱のライブ』
  • ダブルネックギターを演奏するジミー・ペイジ
  • ライブドキュメンタリー映画『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』

オリコントピックス