• ホーム
  • 音楽
  • マネキンデュオ・FEMM、新曲MV2本同時公開 テーマは「80’sリバイバル」

マネキンデュオ・FEMM、新曲MV2本同時公開 テーマは「80’sリバイバル」

 Youtubeで公開されたミュージックビデオ(MV)が世界中で注目され、今年メジャーデビューした2体のマネキンによるダンスユニット・FEMM(フェム)が、きょう29日に発売の配信シングル「Neon Twilight/Countdown」のMVを2本同時に公開した。

【写真】その他の写真を見る


 ボーイッシュな戦闘型マネキンのRiRiと、優しくてフェミニンなマネキンのLuLaからなるFEMMは、2014年に発表した『Fxxk Boyz Get Money』が欧米のティーンを中心にスマッシュヒット。アメリカの人気セレブのパリス・ヒルトンや、ファッション誌『VOGUE』クリエイティブディレクターのアンナ・デッロ・ルッソ、日本のモデルの水原希子など世界中のインフルエンサーからも絶賛を受けた。

 今年2月に発売されたメジャーデビューアルバム『PoW!/L.C.S. +Femm-Isation』に収録の「PoW!」と「L.C.S.」も大きな話題となり、UK版『Huffington Post』の「2016年に注目すべきアーティスト」にも選出されている。

 新曲の「Neon Twilight」は、ひたすらループ音が繰り返されるアップビートに、どこかニューウェイヴを感じさせるメロウかつダンサンブルなナンバー。MVは、カメラと直角に対峙したFEMMにカラフルなLEDライトを当て、ひらすら音に合わせて切り刻まれたカットが違和感だらけで変遷していくトリッキーな作品となっている。

 一方の「Countdown」は、アデルやマイリー・サイラスなどを手がけたサチャ・スカーベックのプロデュース楽曲。ブラスフレーズをフィーチャーしたミニマルテクノ調のトラックに、ダンスクラシックをテーマにしたラップが乗ったカオティックな雰囲気に仕上がった。

 どちらのMVも、マネキン2体の息の合ったダンス、唯一無二のファッション、最新映像技術、漫画『AKIRA』や映画『ブレードランナー』にインスパイアされた80’sリバイバルな世界観など、見どころは多数。両曲とも夜の街で光と音に彩られたコースを走るファン・ラン・イベント『Night Nation Run in JAPAN』のオフィシャル・テーマソングに起用されている。

■「Neon Twilight」ミュージックビデオ
https://youtu.be/N5_G0NxSK6o
■「Countdown」ミュージックビデオ
https://youtu.be/djtwkpaNBX0



関連写真

  • マネキン・デュオFEMMが80'sリバイバルなMVを公開(「Countdown」MVより)
  • マネキン・デュオFEMMが80'sリバイバルなMVを公開
  • FEMMデジタル・シングル『Neon Twilight/Countdown』ジャケット
  • マネキン・デュオFEMMが80'sリバイバルなMVを公開(「Countdown」MVより)
  • マネキン・デュオFEMMが80'sリバイバルなMVを公開(「Countdown」MVより)
  • マネキン・デュオFEMMが80'sリバイバルなMVを公開(「Countdown」MVより)

オリコントピックス