• ホーム
  • 音楽
  • 嵐が6回目の『ワクワク学校』開催し計24万6000人動員 5年連続5大ドームツアーも発表

嵐が6回目の『ワクワク学校』開催し計24万6000人動員 5年連続5大ドームツアーも発表

 人気グループ・が26日、東京ドームで毎年恒例となったイベント『嵐のワクワク学校2016 毎日がもっと輝く5つの自由研究』を開催した。さらに同イベントの終盤には、11月から5年連続となる5大ドームツアーを開催することも発表。ドームは大きな歓声に包まれた。

 2011年にスタートした『嵐のワクワク学校』は、今回で6回目。6月18日の京セラドーム大阪公演を皮切りに4日間6公演を行い、24万6000人を動員した。今年の公演では、これまでの5年間で学んできたことを基本に、各メンバーが自由研究として発表。ジャニーズ事務所の後輩グループ・ジャニーズWESTを助手に、研究の成果をコンクール形式で競った。さらに、ワクワク学校付属研究所所長として、ノーベル生理学賞・医学賞を受賞した山中伸弥教授がVTRで登場。様々な形で、同イベントに協力していた。

 研究発表のトップバッターとなったのは二宮和也。「トイレットペーパーの芯の可能性」を探り、芯を使って楽器・ストリングラフィを演奏。大野智は「魚をより美味しく食べる方法」を知るために日本料理屋に修業へ。その模様をVTRで流しつつ、ドームで魚をさばく実演を。相葉雅紀は「体幹」をテーマに、青山学院大学陸上部でのロケを敢行し、その鍛え方を学ぶ。櫻井翔は「星空がより素敵に見える研究」として、その場で選ばれた二宮とともにドームを活用した天体観測を。最後の松本潤は、「運ってなんだろう?」を探るため、観客を巻き込んだ研究を発表した。

 すべての研究を発表した後には、熊本県のマスコット・くまモンも登場し、結果発表へ。嵐とジャニーズWESTメンバーの投票で、より良い研究として選ばれたのは櫻井の研究。櫻井はくまモンからトロフィーを手渡され、「これもファンの皆さんとメンバーのおかげ。なにより一緒に授業を行った二宮、お前のおかげだよ! また一緒に天体観測しような」と感謝の言葉を語った。

 ラストはワクワク学校の校歌である『ふるさと』を観客とともに合唱。ここでフィナーレと思いきや、「あ!」と松本が挙手し、「11月から5大ドームツアー、やります」と発表した。嵐にとって、5大ドームツアーは5年連続。ツアーは、11月11日の札幌ドームに始まり、年をまたいで2017年1月8日の福岡ドームまで、5ヵ所18公演を行う。

◆『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017』全日程

11/11(金)12(土)13(日)北海道・札幌ドーム
11/19(土)20(日)21(月)東京ドーム
12/2(金)3(土)4(日)大阪ドーム(京セラドーム大阪)
12/16(金)17(土)18(日)愛知・ナゴヤドーム
12/26(月)27(火)28(水)東京ドーム
1/6(金)7(土)8(日)福岡ドーム(福岡ヤフオク!ドーム)



オリコントピックス