• ホーム
  • スポーツ
  • 猫ひろし、カンボジア代表でリオ五輪出場が正式決定「東京五輪もチャレンジしたい」

猫ひろし、カンボジア代表でリオ五輪出場が正式決定「東京五輪もチャレンジしたい」

 お笑いタレントの猫ひろしが現地時間3日、カンボジア・オリンピック委員会にて行われた『2016リオ・オリンピック・カンボジア代表記者会見』において、リオ五輪の男子マラソン・カンボジア代表選手に決定したことが発表された。

【写真】その他の写真を見る


 猫は、今年2月にカンボジア代表として東京マラソンに出場し、2時間34分でカンボジア人選手として今期最高タイムを記録。さらに、5月に同国内で行われた代表選考大会でも優勝していた。

 会見に出席した猫は「2012年のアウト(選外)から、4年間ずっと1位でいるのは大変でした。食事制限や日々のトレーニングの積み重ねでした。国際大会で思うように記録が出ないこともありましたし、悔しい思いも何度かしました」とこれまでの日々を回想。念願の五輪決定に喜びつつ「今後はカンボジアのマラソンが強くなるように、自分のこれまでの経験からできるサポートをさせていただきたいです」と、同国のマラソン競技のレベルアップに貢献することを宣言した。

 さらに、2020年の東京オリンピックについても「年齢のこともあって難しいとは思いますが、限界までチャレンジしていきたいです」とコメント。東京での快走を目指し、「今は、とにかくリオでベスト記録を出すことに集中したいです。リオでは、2時間27分の自己ベストを切れるようにします」と語った。

 猫は2011年11月にカンボジア国籍を取得。12年2月の別府大分毎日マラソンで2時間30分26秒を記録し、同国代表内定の規定をクリアしたが、国際陸上連盟のルールにより同年のロンドン五輪への出場はかなわず。その後も4年間にわたり同国のランナー1位の記録を維持し、13年東南アジア大会(ミャンマー)、2014年アジア大会(韓国)、2015年東南アジア大会(シンガポール)にカンボジア代表として出場してきた。



関連写真

  • リオ・オリンピック男子マラソンカンボジア代表選手に決定した猫ひろし
  • 会見の模様
  • 念願の五輪決定に喜びを語った猫(右から2番目)
  • 『2016リオ・オリンピック・カンボジア代表記者会見』に出席した猫ひろし

オリコントピックス