じゅんいちダビッドソン、“のびしろ”はまだある?

 お笑いタレントのじゅんいちダビッドソンが、カンテレ・フジテレビ系単発特番『岡村隆史のスポーツワイドショー』(29日 後4:05〜5:20)のロケで、アフリカの赤道ギニア共和国へ。フィンスイミング日本代表になる“奇跡”を起こしたじゅんいちが、2000年シドニー五輪、競泳男子100メートル自由形予選で、溺れながら最後まで泳ぎきり、その必死さが称賛されたムサンバニ元競泳選手の美談に潜む真実をスクープする企画で、再び“奇跡”を起こした。

【写真】その他の写真を見る


 首都マラボまで20時間超のフライトを経て乗り込んだじゅんいちは、サッカー選手の本田圭佑に扮した出で立ちが功を奏し、現地の人々に囲まれ、写真を撮られ、ヒーロー気分を満喫。しかし、スポーツ省に取材を申し入れると、警察や国家機関の撮影は一切許されないと、けんもほろろに断られる。かろうじて、ムサンバニを五輪に送りこんだ水泳連盟にたどりつくが「国家戦略だったのか」とのじゅんいちの問いに、連盟は完全否定。ムサンバニ本人にも直接確かめてみようと、町でムサンバニの居場所を聞き込みするも、相次いで取材拒否にあう。そんな時に、奇跡は起きた。

 「スタジオでは仕込みだろうと言われてたみたいですけど、自分の前を通り過ぎた男の子がいたのでたまたま話しかけて『ムサンバニ知ってる?』って聞いてみたら、『僕のパパだよ』と言われて驚きました」とじゅんいち。思いがけない偶然にスタッフも「うわーっ」と大喜びだ。

 その後、このVTRを見たスタジオ出演者たちは「うそ!こんな偶然ある?仕込みじゃないの?」と騒然。じゅんいちは、スタジオのリアクションに対し、「ちょっと声かけてみようかな、と僕が思ったからこそ起こった奇跡。この奇跡に関しては、僕は『持ってる男』ですが、それをスタジオで仕込みと思われてるところに関しては『のびしろだらけ』ですよね」と本田節で応戦していた。

 思いがけないルートでムサンバニに会えたじゅんいちは、「なぜ100メートル泳いだこともないのに五輪代表に選ばれたのか?」と本人を直撃。ムサンバニはどう答えるのか?

 番組は、ナインティナインの岡村隆史が「スポーツにまつわる噂の真相」を徹底追究していく新感覚のスポーツワイドショー。歴史に残る名場面の裏側、アスリートのプライベート、マネー事情や業界のタブーなどをワールドワイドに大調査。今回は、ほかに「浅田真央に恋愛話はタブーなのか」や「世紀の誤審で運命が分かれた、篠原信一とドゥイエがあの試合を初めて語る」など、「そうやったんか!」と岡村もうなる驚きの新事実や感動のドラマを独占スクープする。



関連写真

  • 5月29日放送、カンテレ・フジテレビ系『岡村隆史のスポーツワイドショー』赤道ギニアのムサンバニ元水泳選手(右)に、シドニー五輪の真相を直撃するじゅんいちダビッドソン(C)カンテレ
  • 赤道ギニアでのロケでも本田圭佑になりきり(C)カンテレ
  • シドニー五輪の頃、赤道ギニア国民には泳ぐ習慣がなく、バスケットボール選手だったムサンバニが五輪代表に選ばれ、五輪の大会で初めて100メートルを泳いだという(C)カンテレ
  • 5月29日放送、カンテレ・フジテレビ系『岡村隆史のスポーツワイドショー』赤道ギニアのムサンバニ元水泳選手(左)に、シドニー五輪の真相を直撃するじゅんいちダビッドソン(C)カンテレ

オリコントピックス