• ホーム
  • 音楽
  • 高見沢、YOSHIKIと久々共演で「大人になったな〜」 まさかのカップル疑惑ネタも

高見沢、YOSHIKIと久々共演で「大人になったな〜」 まさかのカップル疑惑ネタも

 X JAPANYOSHIKITHE ALFEE高見沢俊彦が24日、約20年ぶりにメディア共演を果たした。東京・六本木のニコファーレで行われた『ニコニコ生放送』のYOSHIKIの冠番組に高見沢がゲスト出演し、懐かしい話に花を咲かせた。

【写真】その他の写真を見る


 高見沢は『ニコ生』初登場とあり、ホストのYOSHIKIは視聴者から寄せられる「888888」の数字が拍手の音「パチパチパチパチ…」を意味していることを説明することからスタート。プライベートでも親交のある2人は「出会い」「メンバーとの絆」などをテーマにトークを展開した。

 20年以上前には、2人でF1を観戦しに行ったというレアな話も。東京駅で待ち合わせた2人は全く同じコートを着ていたことから「傍から見たらカップルみたいだった」と大笑い。さらには、たまたまTHE ALFEEの桜井賢がF1観戦に来ていたといい「高見沢が外国人の女性を連れてきた…と思って一瞬気まずい思いをしたらYOSHIKIだった」という面白エピソードも飛び出した。

 「楽器・機材に対する美学」のテーマでは、高見沢オリジナルのエンジェルギターやヴィンテージギターを紹介。YOSHIKIはオリジナルのクリスタルピアノ、クリスタルドラムの話をすると、THE ALFEEの「メリーアン」「星空のディスタンス」を即興で生演奏するサプライズ。高見沢は「感動しました。長く付き合っているけど、自分の曲を弾いてくれたのは初めて」と感激していた。

 番組終了後、高見沢は「生放送にYOSHIKIがいるっていうことが、大人になったな〜と思いました」と笑い、「でもYOSHIKIについていろいろ噂がありますが、彼は本当に礼儀正しい子です! 僕が保証します!」と太鼓判。YOSHIKIは「自分の番組で来ないってことはないですよ(笑)。でも大人になりましたかね。こうして対談できて本当に良かったです」と共演を喜んだ。



関連写真

  • YOSHIKIのニコ生冠番組に高見沢俊彦がゲスト出演(C)鳥居洋介
  • 約20年ぶりにメディア共演を果たしたYOSHIKと高見沢俊彦(C)鳥居洋介
  • 楽器・機材談義に花を咲かせた(C)鳥居洋介
  • YOSHIKIのニコ生冠番組に高見沢俊彦がゲスト出演
  • THE ALFEEの新曲「今日のつづきが未来になる」通常盤 (5月25日発売)

オリコントピックス