• ホーム
  • 音楽
  • ℃-ute、初の香港単独公演に“鳥肌”「泣きそうになりました」

℃-ute、初の香港単独公演に“鳥肌”「泣きそうになりました」

 5人組アイドルグループの℃-uteが21日、香港で初の単独公演を行った。℃-uteが海外で単独公演を行うのは2013年のフランス、14年の台北、15年のメキシコに続いて4ヶ国目となる。

【写真】その他の写真を見る


 香港入りした空港で200人を超える現地のファンから熱烈な歓迎を受けたメンバー。ライブ当日は会場に500人のファンが駆け付け、ほぼ現地のファンによってチケットは即完売した。

 ステージでは、メンバーが事前に勉強してきたという広東語でMCを披露。リーダーの矢島舞美が「非常期待今日(きょうをとても楽しみにして来ました!)」とあいさつするも現地ファンは微妙な反応。一方、鈴木愛理の「今日大家一齊High!(きょうはみんなで一緒に盛り上がりましょう!)」という流ちょうな広東語に割れんばかりの大声援が湧き上がり、「リーダー大丈夫!?」と矢島がメンバーにからかわれる一幕も。

 アンコール前には、客席からの“℃-uteコール”に加え、現地ファンが自主的に作成した「『ありがとう〜香港から無限のエール〜』team℃-ute香港」と書かれた横断幕もお目見え。思わぬサプライズの光景にメンバーは「鳥肌が立った。泣きそうになった」と終演後に振り返った。

 翌22日には、台北のライブハウスで、2回目となる台北公演も実現。また、日本で開催中のツアー「℃-uteコンサートツアー2016春 〜℃ONCERTO〜」は、6月20日に日本武道館で最終日を迎える。



関連写真

  • 初の香港公演を開催した℃-ute
  • ライブの模様
  • チャイナドレス姿で香港観光も
  • チャイナドレス姿で香港観光を楽しむ℃-ute
  • 空港には熱烈なファンがお出迎え
  • ℃-ute初の香港公演の模様
  • ℃-ute初の香港公演の模様

オリコントピックス