• ホーム
  • 芸能
  • 舞台『青の祓魔師』京都紅蓮篇8月上演決定 北村諒&宮崎秋人が出演

舞台『青の祓魔師』京都紅蓮篇8月上演決定 北村諒&宮崎秋人が出演

 『ジャンプSQ.』(集英社)で連載中の『青の祓魔師(エクソシスト)』が舞台化されることが2日、明らかになった。主人公で魔神(サタン)の落胤(らくいん)として生まれた少年・奥村燐に北村諒、その双子の弟で祓魔師である雪男に宮崎秋人をキャスティング。8月5日から14日まで、東京・Zeppブルーシアター六本木で上演される。

【写真】その他の写真を見る


 2011年4月から10月までテレビアニメが放送され、12年12月には劇場アニメ化もされた本作。今回の舞台作品は、「京都紅蓮篇」として原作者・加藤和恵氏が脚本協力で参加することが決定。原作コミックの5巻から9巻にあたるエピソードで、京都を舞台に「不浄王」をめぐる戦いを描く。

 演出は、劇団「AND ENDLESS」主宰で、マンガ・アニメ原作の舞台化の脚本・演出も多く務める西田大輔氏。原作の加藤氏も「西田さんが今回も演出を手がけてくださるという事でとても感謝してますし、安心しておまかせできます!! 公演開始を楽しみにしております!!!」と信頼を寄せる。

 北村は舞台『弱虫ペダル』シリーズ、舞台『RE-INCARNATION』シリーズへの出演歴があり、今月は舞台『刀剣乱舞』、6月に『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』を控える。「『青の祓魔師』はすごく好きな作品で、主人公である燐を演じられることを本当にうれしく思います! 雪男と、そして仲間たちと最高の舞台を作りますので楽しみ にしていてください!!」とコメント。

 宮崎もミュージカル『薄桜鬼』シリーズ、舞台『弱虫ペダル』シリーズ、つかこうへい七回忌特別公演『引退屋リリー』などに出演し、現在、ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』に主演のナツ・ドラグニル役で出演中。「もともと原作が大好きで、初めて舞台化された時から『いつか自分も出たい!!』と思っていた」という宮崎は「数あるストーリーの中でも人気な話だから今からたぎってます。全国の青エクファン、雪男ファンを唸らせる作品作り、役作りをしていくので、ぜひ期待して待っていてください!!」とやる気満々だ。

 チケットの前売りは6月18日午前10時開始。発売中の『ジャンプSQ.』6月号にて、先行予約受付開始(申し込み期間:5月5日正午〜15日午後6時、詳細は誌面に掲載)。

■公式サイト
http://www.ao-ex.com/stage/



関連写真

  • 舞台『青の祓魔師』京都紅蓮篇 8月上演決定。奥村燐役に北村諒、奥村雪男役に宮崎秋人をキャスティング(C)2016 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト
  • 奥村燐役に北村諒(C)2016 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト
  • 奥村雪男役に宮崎秋人(C)2016 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト
  • 舞台『青の祓魔師』京都紅蓮篇 8月上演決定(C)2016 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト

オリコントピックス