• ホーム
  • 音楽
  • Base Ball Bear、3人で継続表明「まだやりたいことがある」 ギター脱退後初の東京公演

Base Ball Bear、3人で継続表明「まだやりたいことがある」 ギター脱退後初の東京公演

 ロックバンド・Base Ball Bearが4月30日、東京・日比谷野外大音楽堂で企画ライブ第5弾『日比谷ノンフィクションV〜LIVE BY THE C2〜』を開催した。3月に湯浅将平(G)が脱退後、初の東京公演のアンコールでは、オリジナルメンバー3人だけで登場。ボーカルの小出祐介は「本当に救われたのは、ミュージシャンの皆さん、Base Ball Bearを聴いてくれている皆さんがこんなにもBase Ball Bearのことを考えてくれていたこと。これからも3人で頑張っていこうと決意を固めました」と改めてバンド継続を誓い、年内に新作をリリースし、ツアーを行うことを宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 結成15周年、デビュー10周年を迎える同バンドは先月2日、湯浅本人と2月中旬から連絡が取れなくなり、第三者を通して、「今後Base Ball Bearでの活動を続けることができないという意志表示を受けた」ことを明かし、衝撃的な脱退発表。3人は割り切れない気持ちを抱えたまま、3日後の3月5日からスタートさせた全国ツアー(7公演)を経て、恒例の企画ライブを迎えた。

 小出は「東京の皆さんにはお話しするのがちょっと遅くなってしまいましたが、2ヶ月前、ギターの湯浅が脱退することになりまして、きょうを迎えております。ホームページに書いてあるとおり、3人のバンドとしてやっていくことを決めたので、これからも応援のほど、引き続きよろしくお願いします」とあいさつし、関根史織(B)、堀之内大介(Dr)とともに深々と頭を下げた。

 この日は、全国ツアーをサポートしたフルカワユタカ(元DOPING PANDA)、2月末のチャットモンチー主催ライブで急きょサポートに入った石毛輝(lovefilm/the telephones)に加え、田渕ひさ子(toddle/LAMA)、ハヤシ(POLYSICS)と豪華ギタリストがゲスト出演。フルカワは「解散とか、活動休止とかを経験したメンツが、華を添えるとは違うと思うんですけど、毒をバンバン入れて、大人のBase Ball Bearになると思います」と笑いに変えた。

 フルカワと入れ替わりで4曲目から元ナンバーガールの田渕が登場すると、小出は「僕らインディーズ盤を出したときに、ナンバーガールのまがいものだってめっちゃ叩かれて、今で言う“炎上”したんです。当時の人たちに言いたいのは、10年経って同じステージで演奏してるぞと。本物が入ってるんだからもう、まがいものじゃねーぞ!」と胸を張り、田渕の音色を思い浮かべながら作ったという「こぼさないでShadow」、代表曲「short hair」などを披露した。

 本編最後の曲前には小出が「僕らは傍から見ると、片腕を失ったバンドなんですよ。でも、まだやりたいことがある。作りたい音楽がある。ここで辞めるわけにはいかないというのが共通の意識でした」と胸中を吐露。「これまで4人で、4人で、絶対4人で! という感じでやってきましたけど、これからはカメレオンのように、曲によってやっていきたい」と3人だけでの演奏にこだわらないことを示唆。「まだ考えてないですけど、鍵盤の方を呼んだり、個人的には“サックスソロ憧れ”もある」と話した。

 アンコールは3人だけで登場し、「いい先輩に恵まれました」と舞台裏のゲスト陣に向けて感謝した小出は「新作の制作に入ります。アルバムも作って年内に出します。出来高は全体のまだ…7%くらいですかね。ここから93%を頑張って作ります」と報告。「そのアルバムを出して、ツアーをやります。どういう編成でやるかは作品次第なのでわからないですけど」と含みを持たせた。

 ラストは3人の渾身の演奏による 「「それって、for 誰?」part.2」「The End」で締めくくり。割れんばかりの拍手が送られるなか「Base Ball Bearでした。また会いましょう!」とライブでの再会を誓った。

■『日比谷ノンフィクションV〜LIVE BY THE C2〜』
01. 「それって、for 誰?」part.1
02. 不思議な夜
03. 曖してる
04. こぼさないでShadow
05. short hair
06. PERFECT BLUE
07. ぼくらのfrai awei
08. UNDER THE STAR LIGHT
09. どうしよう
10. 17才
11. changes
12. 十字架 You and I
13. ホーリーロンリーマウンテン
14. カシカ
15. 真夏の条件
16. LOVE MATHEMATICS
17. HUMAN
【アンコール】
18. 「それって、for 誰?」part.2
19. The End
【サポート】M1〜3、M13〜17:フルカワユタカ、M4〜6:田渕ひさ子、M7〜9:ハヤシ、M10〜12:石毛輝



関連写真

  • 3人で日比谷野外大音楽堂のステージに立ったBase Ball Bear Photo by 緒車寿一
  • Base Ball Bearの小出祐介(Vo、G) Photo by 緒車寿一
  • Base Ball Bearの関根史織(B) Photo by 緒車寿一
  • Base Ball Bearの堀之内大介(Dr) Photo by 緒車寿一
  • 『日比谷ノンフィクションV〜LIVE BY THE C2〜』を開催したBase Ball Bear Photo by 緒車寿一

オリコントピックス