• ホーム
  • 芸能
  • 林家木久扇、歌丸“引き際”発言に持論「自分で区切りをつけちゃいけない」

林家木久扇、歌丸“引き際”発言に持論「自分で区切りをつけちゃいけない」

 落語家の林家木久扇が27日、東京・日本橋高島屋で開催される『笑点 放送50周年特別記念展』の開会式典に登壇。日本テレビ系人気演芸番組『笑点』の司会を務める桂歌丸が別の会見で自らの引き際について「考える時期に来ている」と発言したことを受け「自分で区切りをつけちゃいけない。『終の人生』とかそんなことをいうと、自分がそこに追い込まれていっちゃう」と持論を展開した。

【写真】その他の写真を見る


 報道で、歌丸の言及を知ったという木久扇は「司会交代の話とかは全然ないですけど、今度お会いしたら直接言いたい」と前置きし「自分で自分の役割をおしまいとか決めちゃいけませんよ。それは自然に見ている人は衰えてきたなとか感じて、番組自体も数字がとれなくなってきて、じゃあ新しい人ってなっていくもの。お一人で決断しちゃいけない。なんで自分で自分を片付けてしまうのか」と、いつになく真剣な表情で訴えた。

 また「私自身はずっと自分が滅びるまで面白くなくなるまでやるつもり。私が司会者側にまわるつもりはない」ときっぱり。「私が進行係で掌握するよりも、ずっと面白い答えをいう人でいたい」とスタンスを明かした。

 今年、5月で50周年を迎え日本のテレビ史において“最長寿の演芸番組”を誇る同番組。「この番組をなくしたくないのは、演芸番組というのは言葉の遊びとしては『笑点』が唯一だから。歌でも芝居でもなく高視聴率を稼いでいるのはやっぱり芯がしっかりしているのと面白いからでしょうね」と分析していた。

 展覧会では年史や大喜利コーナーを再現したセット、番組内で使用された小道具の展示や、おなじみ座布団に座る体験コーナーも用意されている。5月9日まで同所にて開催。



関連写真

  • 歌丸の“引き際”発言に持論を展開した林家木久扇 (C)ORICON NewS inc.
  • 『笑点 放送50周年特別記念展』の開会式典に登壇した林家木久扇 (C)ORICON NewS inc.
  • 『笑点 放送50周年特別記念展』の開会式典に登壇した林家木久扇 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス