• ホーム
  • 音楽
  • 大森南朋、バンドを演る理由「生きた心地がしたかった」

大森南朋、バンドを演る理由「生きた心地がしたかった」

 俳優の大森南朋(44)が率いるロックバンド「月に吠える。」が、1stミニアルバム『「第一巻。別冊」〜だってこんな好きなんだからしょうがない〜』を27日に発売する。

【写真】その他の写真を見る


 ボーカル&ギターの大森が率いる同バンドは、プロギタリストとしてaiko、阿部真央ら数多くのアーティストをサポートしてきた塚本史朗(G)、数々のバンドで活躍する長野典二(B)、俳優としても活動する山崎潤(Dr)からなる4人組。昨年1月に初ライブを行い、7月にライブ会場&WEB限定で1stアルバム『第一巻』を発売した。

 大森は29歳のときにバンドを解散し、役者に専念した経緯がある。古くからの友人である塚本と再会したことを機に、昨年新たに「月に吠える。」を結成し、15年ぶりにバンド活動を再開。大森は「たまには、吠えたくもなるよねぇ生きてると。体力は下り坂、テンションは昇り調子。時代が違えば即島流し。歳をくっても演ればいいんだ。猫の手を借りても足りないからやるしかなかった」という。

 本作には「ロマンチック ブギー」「246」「ネクストマン」「真っ黒いエレキギター」「だってこんな好きなんだから」の5曲を収録。大森は「夜中にベランダで書いた曲ばかりでシングル作りました。生きた心地がしたかっただけです」と説明する。シンガー・ソングライターの斉藤和義(49)は「こりゃ、役者が片手間でやってる音とは違うな! ロックしてます!」と太鼓判を押す。

 発売日には東京・タワーレコード渋谷店1Fイベントスペースでフリーライブを開催。5月9日の渋谷eggmanを皮切りにリリースツアーをスタートさせ、同25日の渋谷WWWでファイナルを迎える。

■インストアミニライブ(観覧自由)
4月27日(水):東京・タワーレコード渋谷店1Fイベントスペース
5月14日(土):福岡・タワーレコード福岡パルコ店/同アミュプラザ博多店
5月18日(水):愛知・タワーレコード名古屋パルコ店

■「第一巻。別冊」リリースツアー
5月9日(月):東京・渋谷eggman
5月12日(木):大阪・Music Club JANUS
5月15日(日):福岡・INSA(ワンマン)
5月17日(火):京都・ライブハウス磔磔(ワンマン)
5月25日(水):東京・渋谷WWW(ツアーファイナル)

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • ロックバンド「月に吠える。」を率いる大森南朋
  • 4人組ロックバンド「月に吠える。」
  • 1stミニアルバム『「第一巻。別冊」〜だってこんな好きなんだからしょうがない〜』(4月27日発売)
  • 大森南朋率いるロックバンド「月に吠える。」ライブ写真
  • 大森南朋率いるロックバンド「月に吠える。」

オリコントピックス